ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

シアタークリエ10周年「TENTH」開幕、日替わりキャストがあの曲を披露

1036

「TENTH」第1部「ネクスト・トゥ・ノーマル」ダイジェスト公演(写真提供:東宝演劇部)

「TENTH」第1部「ネクスト・トゥ・ノーマル」ダイジェスト公演(写真提供:東宝演劇部)

シアタークリエ10周年記念コンサート「TENTH テンス」が昨日1月4日に東京・シアタークリエで開幕した。初日公演に先駆け、1月3・4日に同劇場で公開ゲネプロが行われた。

2007年に開場し、昨年10周年を迎えたシアタークリエ。これを記念して31日まで行われる本公演の1幕では、これまでに同劇場で上演されてきた演目より「ネクスト・トゥ・ノーマル」「ニュー・ブレイン」「この森で、天使はバスを降りた」のダイジェスト版を上演。さらに2幕では総合演出を小林香が手がけ、日替わりキャストが登場するガラコンサートが行われる。

3日のゲネプロでは1幕「ネクスト・トゥ・ノーマル」の模様が公開された。2013年にシアタークリエで日本初演が行われた本作。父と母、娘と息子の4人家族は、現代アメリカの平凡な家庭のはずだった。しかし母ダイアナは双極性障害を患い、現実と幻想の間で生きていた。夫のダンと娘のナタリー、息子のゲイブはダイアナを支え、回復させようと努力するが……。今回は上田一豪が演出を担当し、安蘭けい海宝直人岡田浩暉村川絵梨村井良大新納慎也が出演。ダイアナ役を安蘭、ダン役を岡田、ナタリー役を村川、ゲイブ役を海宝が演じ、ナタリーのボーイフレンドのヘンリーを村井、精神科医のドクター・マッデンを新納が務める。

また昨日4日には、2幕のガラコンサートの公開稽古が行われた。この日は前日に続き海宝が登場したほか、中川晃教伊礼彼方spi浦井健治昆夏美濱田めぐみ米倉利紀が出演した。生バンドによるオープニングで2幕はスタートし、中川、伊礼、spi、海宝が今年9月に再演されるミュージカル「ジャージー・ボーイズ」より5曲を披露した。続いて舞台には浦井、昆、濱田、米倉が現れ、2012年に上演されたミュージカル「songs for a new world」より3曲を声高らかに響かせる。曲の合間には浦井らが観客を巻き込んでシアタークリエへのバースデーソングを歌い、客席を沸かせた。

最後は再び中川が登場。舞台袖から差し出された白黒ぶち模様のコートを纏って「オン!」と吠えると、2017年に上演された「チャーリー・ブラウン」より「Suppertime」を熱唱する。元気いっぱいのパフォーマンスで会場内を大いに盛り上げたところで、ゲネプロは終了した。

会場の1階エントランスには劇場のマスコットキャラクター・クリエちゃんがいっぱいに描かれたパネルが設置され、祝福ムードを盛り上げる本公演。2幕のキャストの出演スケジュールは、公式サイトで確認を。

「TENTH テンス」

2018年1月4日(木)~31日(水)
東京都 シアタークリエ

第1部:10周年記念ダイジェスト公演

「ネクスト・トゥ・ノーマル」

2018年1月4日(木)~11日(木)

演出:上田一豪
出演:安蘭けい海宝直人岡田浩暉村川絵梨村井良大新納慎也

「ニュー・ブレイン」

2018年1月14日(日)~21日(日)

演出:上島雪夫
出演:石丸幹二、マルシア、畠中洋、樹里咲穂、初風諄、赤坂泰彦、本間ひとし伊礼彼方、中村百花、五大輝一

「この森で、天使はバスを降りた」

2018年1月24日(水)~31日(水)

演出:小林香
出演:坂本真綾、剣幸、土居裕子、坂元健児、Spi、田中利花、平方元基

第2部:日替わりキャストによる10周年記念ガラコンサート

総合演出:小林香

出演(五十音順):彩吹真央、石井一孝、石丸幹二、井上芳雄、伊礼彼方、浦井健治、岡田浩暉、岡田亮輔、海宝直人、加藤潤一、上木彩矢、昆夏美、坂本真綾、ジェニファー、Shiho、白羽ゆり、spi、ソニン、高垣彩陽、高橋愛、武田真治、田代万里生、田中ロウマ、田野優花、中河内雅貴、中川晃教、新妻聖子、新納慎也、濱田めぐみ、東山光明、平間壮一、藤岡正明、古田一紀、松田凌、光永泰一朗、宮本美季、村井良大、ユナク(超新星)、米倉利紀、渡部豪太 / 綿引さやか、白石拓也、山野靖博、千葉直生

ステージナタリーをフォロー