ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

聖夜の夜空を走る時空ツアーへようこそ、「はなれても、燈」リニューアル上演

83

モノレール公演「はなれても、燈」より。(c)重松美佐

モノレール公演「はなれても、燈」より。(c)重松美佐

モノレール公演「はなれても、燈~聖なる夜のひみつのツアー~」が12月22日から24日まで、福岡・北九州モノレール車内にて上演される。

福岡・北九州芸術劇場と北九州高速鉄道がコラボレーションにより、4両編成の車内を舞台に、車掌アナウンスや各駅のホームを使って、60分間の物語を繰り広げるモノレール公演。今回は昨年2016年に上演された「はなれても、燈」をクリスマスバージョンにリニューアルし、上演する。

200年後の北九州を旅する“時空ツアー”に参加することになった観客たちは、ガイドたちの進行によりツアーを楽しんでいたが、突然予想外の展開に巻き込まれ……。作・演出をブルーエゴナク穴迫信一と、PUYEYの高野桂子が手がける。

なお本作は、新しい「モノづくりの都市(創造都市)」を目指すフェスティバル、「北九州芸術工業地帯」の1プログラム。「北九州芸術工業地帯」では、かつて「モノづくりのまち」として日本の経済成長を支えた北九州工業地帯を舞台に、北九州の地域資源や生活文化を活用した演劇、ダンス、音楽、アートなどのプログラムを“まちなか”で展開する。

北九州芸術工業地帯 モノレール公演「はなれても、燈~聖なる夜のひみつのツアー~」

2017年12月22日(金)~24日(日)
福岡県 北九州モノレール車内

作・演出:穴迫信一、高野桂子
出演:木村健二、五島真澄、高山実花、中川裕可里、吉元良太、高野桂子、火ノ口紗彩和

ステージナタリーをフォロー