ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ソニー×藤沢文翁の音楽朗読劇「Homunculus」閉幕、次回公演も決定

224

READING HIGH 第1回公演「Homunculus~ホムンクルス~」より。

READING HIGH 第1回公演「Homunculus~ホムンクルス~」より。

音楽朗読劇「Homunculus~ホムンクルス~」が、12月9・10日に神奈川の川崎市スポーツ・文化総合センターにて上演された。

「Homunculus~ホムンクルス~」は、ソニー・ミュージックエンタテインメントが藤沢文翁と立ち上げた音楽朗読劇の新ブランド・READING HIGHの第1回公演。原作・脚本・演出を藤沢、音楽監督を村中俊之が務め、出演には諏訪部順一梶裕貴豊永利行甲斐田ゆき梅原裕一郎関智一石黒賢が名を連ねた。

本作は、人間が人間を作り出す“ホムンクルス事件”を題材としたダークファンタジー。メインキャラクターとなるホムンクルス4兄弟を演じたのは、シドニウス役の諏訪部、アーベル役の梶、バルド役の豊永、エーレンフリート役の甲斐田だ。また、ホムンクルス兄弟と対峙するフェルナンド枢機卿役を石黒、その部下・ユリウス役を梅原が務め、滅びた一族を復活させるべく、ホムンクルス兄弟の旅に同行する錬金術師ヨハン・ベドガー役を関が演じた。

千秋楽終了後のスペシャルカーテンコールでは、キャスト全員が観客に向けてメッセージを送ったほか、バンドの生演奏によるサプライズライブも。さらにこのたび、READING HIGH 第2回公演の開催が決定。こちらの詳細は2018年1月に発表される。

READING HIGH 第1回公演「Homunculus~ホムンクルス~」

2017年12月9日(土)・10日(日)※公演終了
神奈川県 川崎市スポーツ・文化総合センター

原作・脚本・演出:藤沢文翁
音楽監督:村中俊之

キャスト

シドニウス:諏訪部順一
アーベル:梶裕貴
バルド:豊永利行
エーレンフリート:甲斐田ゆき
ユリウス:梅原裕一郎
ヨハン・ベドガー:関智一
フェルナンド枢機卿:石黒賢
ほか

ステージナタリーをフォロー