ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ジル・ド・レの呪われた愛描く、READING HIGH第3弾が2019年に上演

347

新感覚・音楽朗読劇 READING HIGH(リーディング・ハイ)第3回公演「Chevre Note~シェーヴルノート~ Story from Jeanne d'Arc」

新感覚・音楽朗読劇 READING HIGH(リーディング・ハイ)第3回公演「Chevre Note~シェーヴルノート~ Story from Jeanne d'Arc」

藤沢文翁が原作・脚本・演出を手がける音楽朗読劇「Chevre Note~シェーヴルノート~ Story from Jeanne d'Arc」が、来年2019年1月12・13日に上演される。

「Chevre Note」は、ソニー・ミュージックエンタテインメントが藤沢と立ち上げた音楽朗読劇の新ブランド・READING HIGH(リーディング・ハイ)の第3弾。昨年17年12月に第1弾「Homunculus~ホムンクルス~」、今年18年7月に第2弾「HYPNAGOGIA~ヒプナゴギア~」が上演され好評を博した。

第3弾で描かれるのは、ジャンヌ・ダルクに仕え、フランスを勝利へと導いた功労者ジル・ド・レの呪われた愛の物語。キャストや公演詳細については続報を待とう。

新感覚・音楽朗読劇 READING HIGH(リーディング・ハイ)第3回公演「Chevre Note~シェーヴルノート~ Story from Jeanne d'Arc」

2019年1月12日(土)・13日(日)

原作・脚本・演出:藤沢文翁
音楽監督:村中俊之

※Chevreの1つ目のeはアクサングラーブ付きが正式表記。

(c)READING HIGH

ステージナタリーをフォロー