ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

あっしがなんとかいたしやしょう!ちゃっかりしっかりどっさり笑える「ちゃっかり八兵衛」

20

「ちゃっかり八兵衛」より。

「ちゃっかり八兵衛」より。

コンカリーニョプロデュース「ちゃっかり八兵衛」が2018年2月13日から22日に北海道・生活支援型文化施設コンカリーニョで上演される。

落語「居残り佐平次」を下敷きに、劇団M.O.P時代のマキノノゾミ脚本のもと1995年に初演された「ちゃっかり八兵衛」。当初は現コンカリーニョ理事長の斎藤ちずが演出を手がけていたが、2016年再演時にyhs代表の南参へとバトンタッチ。コンカリーニョ10周年企画のフィナーレを飾る作品となった。

今回は昨年と同じく演出に南、キャストに小林エレキ、榮田佳子、棚田満を迎えて披露。「札幌演劇シーズン2018-冬」での上演にあたり、南は「イヤになるほど楽しくて、泣いちゃうほどに笑えるお芝居でございます。さあ、みなさんご一緒に、ちゃっかり、しっかり、どっさりと笑って下さいませ!」とコメントを寄せている。

コンカリーニョプロデュース「ちゃっかり八兵衛」

2018年2月13日(火)~22日(木)
北海道 生活支援型文化施設コンカリーニョ

作:マキノノゾミ
演出:南参
出演:小林エレキ、榮田佳子、棚田満、長流3平、深浦佑太、前田透、さとうみきと(Wキャスト)、増田駿亮(Wキャスト)

ステージナタリーをフォロー