ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

瀬戸康史「期待と恐怖が入り混じった心情」、寺十吾演出の「関数ドミノ」開幕

407

「関数ドミノ」ゲネプロより。舞台奥から勝村政信、瀬戸康史。

「関数ドミノ」ゲネプロより。舞台奥から勝村政信、瀬戸康史。

「関数ドミノ」が、昨日10月4日に東京・本多劇場にて開幕した。

前川知大が脚本を手がけた本作は、2005、09、14年と上演が重ねられてきた、イキウメの人気作。ワタナベエンターテインメント企画・製作による今回の上演版では、演出をtsumazuki no ishiの寺十吾が担当し、キャストには瀬戸康史柄本時生小島藤子鈴木裕樹山田悠介池岡亮介、八幡みゆき、千葉雅子勝村政信が名を連ねている。

奇妙な交通事故をきっかけに起こる、ある奇跡を描いた本作。信号のない横断歩道を渡る歩行者・田宮に車が衝突しそうになるが、車は田宮の数センチ手前で大破する。その事故を目撃した真壁ら3人は、ある仮説を立て……。

初日を迎えるにあたって瀬戸は「初日が近づくにつれて期待と、なんとも言えない恐怖が入り混じった心情です」とコメントしている。東京公演は10月15日まで行われ、その後、福岡、大分、北海道、兵庫を巡演する。なお本作のDVDが、2018年2月21日に発売。

瀬戸康史コメント

初日が近づくにつれて期待と、なんとも言えない恐怖が入り混じった心情です。
これは僕演じる真壁が“ドミノ”というものに対して抱いている感情と似ている。
各劇場でお客様がこの作品をどう受け取って下さるのか、とても楽しみです。

柄本時生コメント

とても緊張しております。「関数ドミノ」という本当にあるのかないのか分からない世界を楽しんでいただけたらと思います。

小島藤子コメント

あっという間に時が経ち、初めての本多劇場にやって来ました。きっと本番もあっという間に過ぎていくでしょう。一日一日の公演を大切に、しっかりと秋山を演じたいと思います。

鈴木裕樹コメント

新田直樹役の鈴木裕樹です。この作品に関われることをとても嬉しく思います。同時にプレッシャーを感じますが、しっかりと作品に向き合い、このカンパニーならではの「関数ドミノ」を届けられたらと思います。

山田悠介コメント

土呂弘光役の山田悠介です。現実世界では、奇跡は起こりません。しかし「関数ドミノ」では日常で奇跡という根拠もなく現実性のない出来事が起こります。この不気味で不可解な奇跡を劇場で体験してください。

池岡亮介コメント

2017年版「関数ドミノ」、寺十吾さんによる緻密な演出でまた新しいドミノの姿が浮かび上がりました。“ドミノ”の世界にしっかりと巻き込まれ、少しでもシンパシーを感じて頂けるよう精一杯頑張ります。

八幡みゆきコメント

あっという間に初日、という感じです。稽古場でぼんやりしていたものが劇場でくっきり浮かび上がっています。“ドミノ”の存在に翻弄されていく人々、瀬戸さん演じる真壁薫の姿にご注目いただきたいなと思っております。

千葉雅子コメント

妙な顔合わせで、イキウメの前川知大さんの名作「関数ドミノ」が新たな作品になります! 参加していることの幸せを噛みしめて、お客様を心よりお待ち申し上げております! 九州、北海道、近畿にも行きます! もう開幕の昂揚感で、“!!!”がいっぱいのメッセージとなっていることをお許しくださいませ。

勝村政信コメント

世の中には、人間の理解、想像を超えた世界が存在します。「関数ドミノ」という不思議な世界を、どうぞお楽しみください。信じるか、信じないかはあなた次第です。

「関数ドミノ」

2017年10月4日(水)~15日(日)
東京都 本多劇場

2017年10月21日(土)・22日(日)
福岡県 北九州芸術劇場 中劇場

2017年10月24日(火)
大分県 ホルトホール大分 大ホール

2017年10月26日(木)
福岡県 久留米シティプラザ ザ・グランドホール

2017年11月5日(日)
北海道 大空町教育文化会館

2017年11月6日(月)
北海道 北見芸術文化ホール 中ホール

2017年11月10日(金)~12日(日)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

作:前川知大
演出:寺十吾

出演:瀬戸康史柄本時生小島藤子鈴木裕樹山田悠介池岡亮介、八幡みゆき、千葉雅子勝村政信

ステージナタリーをフォロー