ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「天国の脚本家」新シナリオに井深克彦&新垣里沙ほか、全キャスト発表

241

2015年に上演された「天国の脚本家 冴嶋コーキ」に新シナリオが誕生。「『天国の脚本家 冴嶋コーキ』~袖振り合うも多生の宴~」として、10月18日から22日まで東京・博品館劇場にて上演される。

人間の一生をシナリオでつづる天国の脚本家・冴嶋コーキと、その運命に抗おうとする兄妹を描く本作。冴嶋役を井深克彦が、妹役を新垣里沙が務め、共演者には柏木佑介鷹松宏一松村泰一郎安達勇人北代高士村上幸平、藤田怜、萩野崇らが名を連ねている。

脚本・演出は滝井サトルが担当。チケットの抽選先行販売がは8月19日に開始される。

井深克彦コメント

今回、冴嶋コーキを演じる井深克彦です。
【天国の脚本家 冴嶋コーキ】この作品タイトルから、みなさんはどんな物語をイメージするでしょうか。
天国という言葉から連想できるように、“人間の生き死に”を扱った作品です。
しかし、決して暗いお話ではありません。とても前向きで、コメディタッチに描かれています。
冴嶋コーキのような役を演じることが初めてなので、自分の中で大きな挑戦でもあります。
そしてチームワークが大切な作品だと思うので、キャスト一同、力を合わせて素敵な作品を届けたいと思います。
観に来て下さったお客様の心があったかくなる、そんな作品にしたいです。

新垣里沙コメント

お話をいただいて、あらすじを読んだだけでも、早く台本を読みたいなとワクワクしました。
それと同時に、本当に、天国には脚本家がいて、運命の人や友達、家族と「生まれ変わってもまた、会おうね、あとでね」と、話せたりして…
もし本当にそんな世界があったら夢があるし、そうであって欲しいと心から思いました。
改めていま、自分の周りにいる人を大切にしたいな。そんな想いが溢れる作品。
私も愛情いっぱいに演じられるよう努めていきます。

柏木佑介コメント

「冴嶋コーキ」シリーズ、2度目の出演です!
沢山のメッセージが詰まった、「『天国の脚本家 冴嶋コーキ』~袖振り合うも多生の宴~」。
台本を読ませて頂いた時に、何度も声に出して笑い、涙を流しました。
この素晴らしい脚本に負けないように、舞台上で生き抜き、皆さんに届けます! 劇場でお待ちしております。

鷹松宏一コメント

今回、プロデューサーの中崎さんよりお声掛け頂き、驚きと共にとてつもない嬉しさが溢れ出しました。
素敵な出演者の皆さんと、とにかく熱い熱量を持って、この作品、そして役柄と向き合っていきたいと思います。
鷹松宏一がいて良かったなと思ってもらえるよう尽力いたしますので、是非とも皆様のご来場お待ちしております。
見に来ていただいて後悔はさせないと思います。仕上がりに是非ともご期待ください。

松村泰一郎コメント

今回、三太を演じます、松村泰一郎です。
三太は警察官という仕事についているんですね。普段、警察官のような律した生活から真逆のところで日々を送っているので、
まずは生活を見直すところから始めたいと思います(笑)。
あとは共演者の皆様とお互いの身を預け合えるような関係を築き、舞台上を縦横無尽に駆け回りたいと思います。
皆様、よろしくお願い致します!

安達勇人コメント

今回、天羽イツキ役で出演させていただきます安達勇人です!
普段TVアニメの声や2.5次元のお芝居などが多いのですが、今回はストレートな舞台ということで今からワクワクしています!
今回のお芝居を通して人生の大切さや面白さなどを皆さんと感じれたら嬉しいです!
共演者の方々もそれぞれ魅力ある方々ばかりで楽しみです! 全身全霊でイツキとしていきたいと思います! 応援よろしくお願いいたします。

北代高士コメント

「人生とは、『筋書きのあるドラマ』である。」
その真逆を意味する言葉は何度も聞いたことがありましたが、この言葉は初めて耳にしました。
役者はほとんどの場合、台本を頂きその上で誰かの人生を生きるので、ある意味いつも筋書きのある人生を生きています。
でも必ず、台本という筋書きには描かれていないことも起こります。
「筋書きのあるドラマ」「筋書きのないドラマ」その両方を是非楽しんで頂けたらと思います。
追伸 ぴったりの役柄だと聞かされた後に、今回の詳細を知りました。銀行強盗でした。頑張ります。笑

村上幸平コメント

プロデューサーの林さんと演出の滝井さんとは2016年の舞台「チェリーボーイズ」で一緒にお仕事させていただきました。
またそれ以前にも、林さんとは2013年に「泣いてたまるか!! 漢字検定者大会~虹の向こう側へ」、
滝井さんとは2015年「百千さん家のあやかし王子」でご一緒させていただいています。
役者にとって、もう一度お仕事をしてみたいと思っていただくことは本当に幸せなことであり、役者を続けてきてよかったと思える瞬間であります。
その分、期待に応えなければというプレッシャーも強まるのですが、期待以上のものをお見せして皆さんに楽しんでいただきたいと思います。

藤田怜コメント

はじめまして。藤田怜です。数年前にふと、「本を書いてみたいな。」と思いやってみた事があります。が、結局1ページも書けず…
そんな私ですがこの度、新進気鋭の人生脚本家・レバ役をやらせて頂きます。
Liveの時も一曲一曲、自分の中で物語や感情を載せて表現してきていたので、出演が決まった時は、スキップで空を散歩出来るかも!と思う程に嬉しかったです。普段、『風男塾』という男装アイドルユニットで藤守怜生として楽しく活動していますが、初めて女性の姿でお仕事出来る喜びを胸に、地に足を付けて真摯に臨ませて頂きます。会場でお会い出来「レバ」嬉しいです。

萩野崇コメント

初稿台本を読ませて頂き、稽古参加をとても楽しみにしております。
稽古迄に先ずは7月迄に参加させて頂いた5本の舞台で私が得たものなどを整理し、8月を充電期間と捉えて過ごしたいですね。
全ては「天国の脚本家 冴嶋コーキ」の作品に役立つ為に。
ご来場頂きますお客様に少しでも楽しんで頂けるようにスタッフ、キャスト全員で素敵な作品を創っていきたいです。
中崎プロデューサーとご一緒させて頂くのは「ALL OUT!! THE STAGE」に続き2作品目になりますが、
演劇や作品にかける情熱や想いの強さをとても尊敬しておりますので、ご一緒させて頂ける事が既に幸せです。

滝井サトルコメント

この度、脚本演出を担当させて頂きます滝井サトルです。
プロデューサーの林さんからお話を頂いた時、その原案の面白さに「ほう」と思うと同時に「救われた」気がしました。
新しい「死生観」「運命論」を楽しく具現化できたら、と考えております。ぜひいらして下さい。

「『天国の脚本家 冴嶋コーキ』~袖振り合うも多生の宴~」

2017年10月18日(水)~22日(日)
東京都 博品館劇場

原案・音楽:Rin-Say
脚本・演出:滝井サトル
出演:井深克彦新垣里沙柏木佑介鷹松宏一松村泰一郎安達勇人北代高士村上幸平、藤田怜、萩野崇浅倉一男柚木美咲上杉輝(TOKYO流星群)、野村祐希、橘希、森大成、竹内優、大野愛、田村和也、滝村優希、梅原遊、かすみまい

(c)舞台「天国の脚本家」製作委員会

ステージナタリーをフォロー