ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

周五郎の世界を戌井脚色で、文学座アトリエの会「青べか物語」本日開幕

127

文学座5月アトリエの会「青べか物語」より。

文学座5月アトリエの会「青べか物語」より。

文学座5月アトリエの会「青べか物語」が、本日5月12日に開幕する。

うらぶれたうらぶれた漁師町・浦粕を訪れた“私”が、町で見聞きした出来事が描かれる本作。今年創立80周年を迎えた文学座が、この先20年を見据る新たなテーマに「新しい台詞との出会い」を掲げ、山本周五郎原作「青べか物語」を戌井昭人の脚色で上演する。今回が初演出となる所奏は、2012年に戌井が脚色・演出を務めた「季節のない街」で演出助手を担当しており、その際に戌井の本作脚色への意欲を聞いて本企画を立案した。

出演者には坂口芳貞をはじめ、文学座のベテランから若手まで幅広い面々が名を連ねている。公演は5月26日まで、東京・文学座アトリエにて。

※初出時本文に一部誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

文学座5月アトリエの会「青べか物語」

2017年5月12日(金)~26日(金)
東京都 文学座アトリエ

原作:山本周五郎
脚色:戌井昭人
演出:所奏
出演:坂口芳貞、押切英希、松井工、上川路啓志山森大輔、萩原亮介、つかもと景子、高橋紀恵、鈴木亜希子、下池沙知

ステージナタリーをフォロー