ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

らまのだ南出謙吾、第22回劇作家協会新人戯曲賞を獲得

68

左から南出謙吾、鴻上尚史。

左から南出謙吾、鴻上尚史。

南出謙吾の「触れただけ」が、第22回劇作家協会新人戯曲賞を受賞した。

劇作家協会新人戯曲賞は、1995年より日本劇作家協会が開催している戯曲賞。応募総数243本中、最終候補には5作が選出され、川村毅、鴻上尚史、坂手洋二、鈴江俊郎、佃典彦、土田英生、マキノノゾミが審査を行った。なお受賞者の南出には、正賞の時計および副賞の50万円が贈呈される。

南出は石川県生まれ。劇団りゃんめんにゅーろん、common days、らまのだのメンバーとして活動している。

ステージナタリーをフォロー