ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台は山奥の全寮制予備校、らまのだ新作「明後日まで内緒にしておく」

35

らまのだ3かいめ公演「明後日まで内緒にしておく」チラシ表

らまのだ3かいめ公演「明後日まで内緒にしておく」チラシ表

らまのだが、「明後日まで内緒にしておく」を12月1日から4日まで、東京・小劇場「楽園」にて上演する。

森田あやのプロデュースにより、劇作家・南出謙吾の作品を上演する劇団、らまのだ。南出にとって、北海道戯曲賞優秀賞の受賞後初の新作となる今回は、山奥にある全寮制の予備校を舞台に、さまざまな問題を抱えた生徒と教師の物語を描く。日下部そう、文学座の渋谷はるか、井上幸太郎、はえぎわの滝寛式ら、キャストの多彩な顔合わせにも期待したい。なお、南出の戯曲「触れただけ」は、12月11日に公開審査が行われる、第22回劇作家協会新人戯曲賞の最終候補作にノミネートされている。

らまのだ3かいめ公演「明後日まで内緒にしておく」

2016年12月1日(木)~4日(日)
東京都 小劇場楽園

脚本:南出謙吾
演出:森田あや
出演:日下部そう、渋谷はるか、井上幸太郎滝寛式、斉藤コータ、松本みゆき、木山廉彬、斉藤麻衣子、西井裕美

ステージナタリーをフォロー