ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

桶ダンスも復活!「少年たち」本日開幕、看守の声はあおい輝彦が演じる

385

ジャニー喜多川企画・構成・総合演出による「少年たち 危機一髪!」が、本日9月4日に東京・日生劇場にて幕開けた。

「少年たち」シリーズは1965年の初演以来、幾度も上演を重ね、近年ではKis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWEST(当時関西ジャニーズJr.)によって上演され、2015年には「少年たち 世界の夢が・・・戦争を知らない子供達」のタイトルで公演が行われた。今年は昨年に引き続き、SixTONESとSnow Manが出演。さらに特別出演として、マリウス葉Sexy Zone)が加わっているほか、あおい輝彦が声で出演した。

物語はとある刑務所を舞台に、そこで必死に生きる少年たちの姿が描かれる。それぞれの事情を抱え、窃盗、傷害、詐欺などの犯罪に手を染めてしまい投獄された少年たちは、SixTONESよりジェシー京本大我松村北斗森本慎太郎田中樹高地優吾の6人、Snow Manより岩本照深澤辰哉渡辺翔太宮舘涼太佐久間大介阿部亮平の6人と、2つの房に分かれて収監されていた。お互いをライバル視し、喧嘩を繰り返しながらも、少年たちは鉄格子の外に思いを馳せながら日々を過ごしていた。

毎年登場している冷酷な看守は、あおい輝彦が声で演じる。あおいはモノローグや、戦場に赴いたジェシーの上官の役も兼任し、ストーリーテラーの役を担った。それぞれが刑務所に入った理由を語る楽曲「俺に聞くのかい?」や、音楽活動をしていた過去からいさかいが生まれてしまったジェシーと岩本が歌う「Rival」など、伝統的に歌い継がれている楽曲も多く披露された。また全員が上半身裸になって踊る「闇を突き抜けて」は本演目の見どころのひとつ。風呂場のシーンでの桶を使って局部のみを隠す“桶ダンス”は、昨年は披露されなかったが、今年は復活している。

2幕では、刑務所から出所した少年たちのそれぞれが描かれる。ジェシーは外国人であることから、戦場へと駆り出されてしまい、そこで同じく少年兵のマリウスに出会う。一方で、樹と高地はバーを営み、阿部、佐久間、渡辺はテレビ局に入社、森本と宮舘はダンスで世界を目指そうと奮闘。北斗と深澤の兄弟は、何をやってもうまくいかない日々を送っていた。中には阿部たちが担当するテレビ番組に、Hi Hi Jetが登場し「Hi Hi Jet」を歌うシーンも。なお彼らは現在帝国劇場で行われている「DREAM BOYS」にも出演している。

ゲネプロ後には囲み取材が行われ、SixTONESよりジェシー、京本大我、松村北斗、森本慎太郎、田中樹、高地優吾、Snow Manより岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平、そしてSexy Zoneのマリウス葉が登壇。「2回目にして随分内容も変わりましたね」と話を振られると、ジェシーは「去年よりもパワーアップしてます。マリウスが関わったことで戦争のシーンもより濃くなって、よりわかりやすくなりました。声であおい(輝彦)さんにも出演いただいて」と話す。あおいとはまだ会っていないというメンバーだが、すかさず佐久間が「あおいさん、待ってます!」と一言放ち、周囲を笑わせる。「大人っぽくなった」と突っ込まれたマリウスは「髪型を兵隊っぽく、アメリカンな感じにしました」と笑顔。また高地が「マリウスの日本語をジェシーが教える、普段見ないような稽古場でした」と暴露すると、ジェシーは「僕がもともと日本語下手なので樹とか高地に教えてもらってるんですけど、2人での芝居になると演出家さんが『ジェシー教えてあげて』って(笑)」と説明。2人で話すときは日本語と英語、両方織り交ぜて会話しているという。さらにジェシーは「高地の悪口とか言うときは英語です」と冗談を飛ばしていた。

風呂場でのシーンの桶ダンスが今年復活したことについては「最初はやる予定じゃなかった」「2、3日前に急遽やることになった」と舞台裏が明かされる。「“安心させないといけない”ので難しい」と、とにかく明るい安村のネタが取り入れられていることにも触れつつ、佐久間は「桶ダンス、すごくやりたかった。去年できないので悔しいなと思っていたので」とうれしそうな様子。渡辺は「ほっこりできるようなシーンがあると、より感動のシーンが生きるといいますか。2幕のみんながバラバラになっていくところで1幕のお風呂のシーンを思い出すとより感動が生まれるので」ときれいにコメントをまとめ、メンバーの感心を誘う場面も。

また京本は2幕の劇中で歌われる「茜空」という楽曲について、自身が作詞をし、NEWSの手越祐也が作曲をしたことを告白する。「実は手越くんがコーラスとして参加してくれていたりしているので、これも見どころのひとつとして、皆さんに聞いていただきたいです」「ライブで披露しようと思って4カ月くらいかけて作っていたんですけど、ちょうど今回機会をいただいたので、手越くんにも許可をいただいて、急遽劇中歌という形で披露させていただくことになりました」と裏話を明かす。「茜空」というタイトルは2人で決めたと説明。「手越くんもやっと披露できるってことで『初日がんばって歌ってこい』とエールをいただきました」とうれしそうに語った。

さらに京本は「(自身が出演している)『エリザベート』を抜けてこっちに出させてもらっているので、役を抜いてまた新しい役を入れて、というのが大変だったんですけど。あおい輝彦さんがストーリーテラーという形ですが、僕も舞台上でのストーリーテラーなのでセリフ量も多かった。でもみんなと芝居している中でどんどんセリフも染みこんできてやりやすい環境で役を入れることができました」と話し、「グループだから力が湧いてくる。メンバーがいると安心します」と付け加えると、ジェシーも力強く「わかる!」と同意する。マリウスは「兵隊という役は初めて。マリウス葉が本当に戦場に行ったらどなるかって考えながらやりました」と話し、劇中で普段のイメージとは異なる「俺」という一人称で話すことについて「自分でも『僕』にしたいと言ったんですけど、『ここは俺にしようよ』って言われたので、『俺』で! ギャップを見てほしいです」と意気込んだ。

またグループとしての夢を問われると、ジェシーは「ひとつの夢は曲を出してデビューですけど、先のことを考えるとどれくらいSixTONESとしてパワーアップできるかですよね。SixTONESと言えばこの6人の顔がぱっと浮かぶようなグループになりたい」と前を見据え、岩本はSnow Manとして「デビューはあくまで通過点で、どこまで走り続けられるかっていうのが夢なんじゃないかなと。最後までバク転してたい」と締めくくった。

「少年たち 危機一髪!」は、本日より9月28日まで上演。

「少年たち 危機一髪!」上演曲目

・時の彼方~Fight~The Night in New York
・俺達は上等
・俺に聞くのかい?
・嗚呼思春期
・HEARTBREAK CLUB
・Rival
・この星のHIKARI
・闇を突き抜けて
・君にこの歌を
・Pray
・君の瞳に恋してる
・茜空
・Hi Hi Jet
・約束の歌 ~meet you again~
・裸の少年
・あいつの分も生きる

「少年たち 危機一髪!」SHOW TIME セットリスト

01.BE CRAZY(SixTONES)、ZIG ZAG LOVE(Snow Man)
02.Welcome to the paradise(マリウス葉
03.IN THE STORM(SixTONES)
04.Acrobatic(Snow Man)
05.We'll Be Together(ALL CAST)

「少年たち 危機一髪!」

2016年9月4日(日)~28日(水)
東京都 日生劇場

企画・構成・総合演出:ジャニー喜多川

出演

SixTONES(ジェシー京本大我松村北斗森本慎太郎田中樹高地優吾
Snow Man(岩本照深澤辰哉渡辺翔太宮舘涼太佐久間大介阿部亮平

マリウス葉(Sexy Zone)(特別出演)

※マリウス葉は19日(月)は休演。
※高地優吾は8日(木)、22日(木)は休演。

ステージナタリーをフォロー