ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

カンパニーデラシネラ“観客参加型”ロミジュリを東京と石川でも巡演

108

「ふじのくに→せかい演劇祭2016」(「→」は相互矢印が正式表記)で上演されたカンパニーデラシネラ「ロミオとジュリエット」の様子。(撮影:山口真由子)

「ふじのくに→せかい演劇祭2016」(「→」は相互矢印が正式表記)で上演されたカンパニーデラシネラ「ロミオとジュリエット」の様子。(撮影:山口真由子)

カンパニーデラシネラ「ロミオとジュリエット」が、7月15日から18日まで東京・東京芸術劇場 シアターイーストにて、8月6日と7日に石川・金沢21世紀美術館 シアター21にて上演される。

本作は、シェイクスピア悲劇「ロミオとジュリエット」を、演出の小野寺修二が身体表現に重きを置き、セリフを最小限まで減らす手法で約70分に再構成したもの。これまでに高知・高知県立美術館、東京・世田谷ものづくり学校、東京都現代美術館、愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLATにて上演されてきた。

約400年前に書かれた古典を上演するにあたって、カンパニーデラシネラは「観客を作品の一部としていかに取り込むか」を考えたという。そこで舞台と客席の境界線を廃して地続きとし、時に演者が客席に入り、観客が民衆や舞踏会の参加者となって、事件や出会いを目撃する参加型の仕組みが取られた。プロダクトデザイナーの石黒猛が製作した電動で動く小道具にも注目したい。

カンパニーデラシネラ「ロミオとジュリエット」

2016年7月15日(金)~18日(月・祝)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

2016年8月6日(土)・7日(日)
石川県 金沢21世紀美術館 シアター21

原作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子

演出:小野寺修二
美術:石黒猛
出演:斉藤悠崎山莉奈、王下貴司、大庭裕介藤田桃子、小野寺修二

ステージナタリーをフォロー