ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

クンツェ&リーヴァイ&小池修一郎が「エリザベート」語る1冊、サイン会も

410

ミュージカル「エリザベート」の関連書籍「オール・インタビューズ ミュージカル『エリザベート』はこうして生まれた」が、本日6月28日に日之出出版より発売された。

本書には、脚本・歌詞担当のミヒャエル・クンツェ、音楽・編曲担当のシルヴェスター・リーヴァイ、そして演出・訳詞担当の小池修一郎の、生い立ちから創作までのエピソードを収録。さらにスペシャルインタビューとして、宝塚版初演ではトートを演じ東宝版初演ではエリザベートを務めた、一路真輝へのインタビューも収められている。そのほか、ウィーン版、宝塚版、東宝版の初演舞台写真や東宝版初演時の稽古風景を掲載。

東京・帝国劇場での購入者には、7月17日に開催されるリーヴァイのサイン会参加整理券が配布される。参加方法は公式サイトにて確認を。

なおエリザベート役を花總まり蘭乃はなが、トート役を城田優井上芳雄が務める、東宝版のミュージカル「エリザベート」は、本日6月28日に帝国劇場にて開幕。7月26日まで上演されたのち、8月6日から9月4日まで福岡・博多座、9月11日から30日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホール、10月8日から23日まで愛知・中日劇場にて公演が行われる。

ミュージカル「エリザベート」

2016年6月28日(火)~7月26日(火)
東京都 帝国劇場

2016年8月6日(土)~9月4日(日)
福岡県 博多座

2016年9月11日(日)~30日(金)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2016年10月8日(土)~23日(日)
愛知県 中日劇場

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎

キャスト
エリザベート(オーストリア皇后):花總まり蘭乃はな
トート(黄泉の帝王):城田優井上芳雄
フランツ・ヨーゼフ-(オーストリア皇帝):田代万里生、佐藤隆紀
ルドルフ(オーストリア皇太子):古川雄大京本大我
ルドヴィカ / マダム・ヴォルフ:未来優希
ゾフィー(オーストリア皇太后):涼風真世、香寿たつき
ルイジ・ルキーニ(皇后暗殺者):山崎育三郎成河

マックス(エリザベートの父):大谷美智浩
エルマー(ハンガリー貴族):角川裕明
シュテファン(ハンガリー貴族):広瀬友祐
リヒテンシュタイン(女官長):秋園美緒
ほか

ステージナタリーをフォロー