ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

深田晃司監督作「淵に立つ」がカンヌある視点部門で受賞

42

第69回カンヌ国際映画祭にて、左から古舘寛治、深田晃司、筒井真理子。(c)Kazuko Wakayama

第69回カンヌ国際映画祭にて、左から古舘寛治、深田晃司、筒井真理子。(c)Kazuko Wakayama

深田晃司の監督作「淵に立つ」が、第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門の審査員賞を受賞した。

浅野忠信、古舘寛治、筒井真理子が出演した「淵に立つ」は、下町で金属加工業を営む夫婦のもとに突然1人の男が現れたことから、平和だった家族の秘密があぶり出されるさまを描く人間ドラマ。フランス現地時間5月21日に行われた授賞式のスピーチにて、深田は「日本には若い世代で優れた監督がたくさんいます。日本人はフランス映画が大好きで、フランス人は日本の映画が大好き。でもその結び付きはまだまだ弱い。今後、この2つの国の結び付きがより強くなることを期待しています」と述べ、喝采を浴びた。

その後に行われた囲み取材では、古舘が「こういう喜ばしいことにほぼ接点がない人生を送ってきましたので、どういう気持ちになればいいのか、わからない体がビンビンと反応しているんだと思うのですが、とにかく発表の日まで(カンヌに)残っていて本当によかったです」とコメント。また、ひと足先に帰国していた浅野からは「我々は妥協なくこの映画に挑みました、そしてこんなに素晴らしいところにたどり着けました! 皆様のおかげです!!!」とメッセージが寄せられた。

「淵に立つ」は今秋、東京・有楽町スバル座ほかで全国ロードショー。

※記事初出時より写真とコメントを追加しました。

深田晃司 コメント

今回の映画は、スタッフ・俳優の総力で作った映画なので、私自身も含めてその力を認められた、ということが何よりもうれしいです。あの、これで運を使い果たしたかなと思っています(笑)。カンヌで海外メディアの取材をたくさん受けたのですが、よく言われたのは、俳優の演技が素晴らしい、ということです。そして、この作品の家族の描き方が、これまでに描かれてきたものに比べると異質で、それが新鮮に映ったようです。
(授賞式のスピーチでは)緊張もあったのでたいぶ端折って話しました。いまちょっと落ち着いたので話しますと「日本には私だけでなく、優秀な監督がたくさんいます。ただ彼らが海外を目指すための制度は、まだ不十分で未熟だと思います。日本はこれだけフランス映画が好きで、フランス人もこれだけ日本映画を愛してくれているのに、残念ながら両者の間には一緒に映画を作るための制度がありません。例えば韓国とフランスの間には結ばれているのに、なぜ日本は結べないのだろう……。新しい才能がより外へ出て行くための制度、自由に映画を作るための制度が日本には不足しています」ということを言おうと。いまこの瞬間が人生の中で、私の言う事を皆さんが聞いてくれる機会だと思うので(笑)、言ってみようと思ったのですが、あまりにも他の皆さん(受賞者)のスピーチが思ったより短かったので、端折ってあんな感じになりました。
今後の目標は、いま準備中の映画があるので、それに全力で向かいたいです。

古舘寛治 コメント

こういった場での感想は難しいですね。こういう喜ばしいことにほぼ接点がない人生を送ってきましたので、どういう気持ちになればいいのか、わからない体がビンビンと反応しているんだと思うのですが、とにかく発表の日まで(カンヌに)残っていて本当によかったです。ここに座っていることだけでもとても誇らしい機会をいただいているのに、それでもここまできて、何ももらわなかったら寂しいだろうな、とか思ってしまう。人間はどれだけ欲深いのだろうかと。でもこの際なので、もっと欲深くいきたいなと思います。

筒井真理子 コメント

受賞してもしなくても最後まで残って、もし何か監督が受賞したら一緒にお祝いしたいと思っていたので、ここに残って本当によかった。うれしいです。さっきお話を聞いたら、本当に作品が最後まで競った末の銀メダル(※審査員賞はある視点部門で最高賞に次ぐ賞)だったそうです。銀メダルという気持ちで、十分うれしいです。

浅野忠信 コメント

我々は妥協なくこの映画に挑みました、そしてこんなに素晴らしいところにたどり着けました!
皆様のおかげです!!!
ありがとうございます!
最高です!

ステージナタリーをフォロー