[W(ダブルユー)] 加護、週刊誌報道を受け事務所解雇

19

元モーニング娘。の加護亜依が現在発売中の週刊誌「週刊現代」にて、18歳年上の男性との温泉旅行や喫煙疑惑について報道され、本日3月26日付けで所属事務所「アップフロントエージェンシー」を解雇されたことが「Hello! Project」オフィシャルサイトにて発表された。
2005年9月にリリースされたWのシングル「Missラブ探偵」。事実上これがハロプロでの加護亜依ラストシングルとなってしまった。

2005年9月にリリースされたWのシングル「Missラブ探偵」。事実上これがハロプロでの加護亜依ラストシングルとなってしまった。

大きなサイズで見る


「謹慎『モー娘。』加護亜依【19歳】“喫煙”温泉♥♥旅行」というタイトルのこの記事は、3月18日に群馬・草津温泉にて激写された男性(37歳)との密会について、4ページにわたり掲載。記事内では男性の運転する車中で喫煙していたと報道されている。

この報道について事務所は加護本人に確認を取り、事実であることが判明。2度目の喫煙報道ということもあり、また未成年でもあるため家族と相談の上、タレント契約を解除することになった。

今年2月の報道では、芸能界復帰に向けて日々事務所で事務仕事の手伝いをしていることが明かされたばかりの加護。これで復帰への道が閉ざされてしまったことになる。

関連リンク

関連記事

W(ダブルユー)のほかの記事

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 W(ダブルユー) / モーニング娘。'21 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。