音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

チームしゃちほこ、野音ワンマン大盛況で「マジ感謝」

272

昨日7月28日に東京・日比谷野外大音楽堂にて、チームしゃちほこのワンマンライブ「チームしゃちほこサマーフェスティバル~スクランブる!? 野音ライブSP~略して“しゃちサマ♪”」が開催された。

このイベントは「チームしゃちほこサマーフェスティバル~略して“しゃちサマ♪”」と題して東京と愛知の2カ所を回るもの。東京公演はしゃちほこにとって過去最大規模の会場となった日比谷野外大音楽堂にて行われ、和太鼓の生演奏や神輿の登場などお祭り騒ぎのライブが繰り広げられた。

和太鼓集団だるまによる和太鼓の演奏に続き、チームしゃちほこのメンバーが登場。メンバーはステージの中央で円陣を組み気合いを入れ、地元名古屋の魅力を詰め込んだ「いただきっニッポン!~おみそれしましたなごやめし~」からライブをスタートさせる。続くMCではゲストとして法被姿の山里亮太(南海キャンディーズ)が参加し、勢いのあるトークで会場を沸かせた。MCのあとのライブコーナーでは咲良菜緒が「お前ら野音だぞ! 盛り上がってるか!? 雨なんかに負けてんじゃねーぞ! 盛り上がれよ!」と満員となった会場に向かって力強く叫び、6人は「乙女受験戦争」「ピザです!」を続けて披露。曲中ではメンバーが水鉄砲を持ち客席に向けて水を噴射するなど野外ならではのパフォーマンスで会場を盛り上げた。

ライブパフォーマンスで観客を楽しませたのち、山里による進行で「全力! 太鼓でイス取りゲーム」が行われ、このゲームでは秋本が優勝。ゲームに負けたメンバーはそれぞれ安藤ゆずは秘密の暴露、大黒は和太鼓にあわせてアドリブで全力でダンスを踊ること、伊藤千由李は山里に向かって告白、咲良は一発ギャグでコマネチといった罰ゲームを実行した。安藤は1回戦で脱落し「ゆずは譲ってあげたんです、ゆずだけに」と悔しがりながらも、自身の眉毛が薄いので“眉ハゲ”と呼ばれているという秘密を明かした。なお優勝者の秋本には賞品として山里のサインが入った書籍3冊が贈呈され、「もらっておきます」と語った。

そして再び始まったライブコーナーでは「私たちは本当に広いステージで、こんなにたくさんのお客さんの前でこうやって歌ったりゲームをしたりできることが本当に本当に幸せです! それでは次の曲、聴いてください」という咲良の声に続き、メンバーは「お願い!unBORDE」「首都移転計画」といったアッパーチューンを立て続けに熱唱。その後「サマラバ」ではこの楽曲の振り付けを担当したてぃ☆インの2人がゲスト参加し、彼らはメンバーとともにキレのあるダンスを披露した。その後山里と店長こと長谷川マネージャーを交えたトークコーナー「しゃちほこ三者面談」が行われた。山里はさまざまな質問がメンバーから投げかけられ、しゃちほこのライブを観た印象などについて答えた。大黒は山里の印象について「なんか意外とスリムだった、もっとオーラあると思った」と素直な感想を語った。伊藤からの「アイドルもリアクション大切ですよね? 山ちゃんってわざとオーバーリアクションってしたことありますか?」という質問に対し、山里は「虫とか食べたことある? 熱いおでんとか!」と聞き返すと、店長が「熱々のおでん食べてみよう!」と提案。店長の指示により咲良に羽交い絞めにされた安藤が熱いおでんを食べるつもりの“エアおでん”で迫真のリアクション芸を披露した。

日も沈んだ野音でサイリウムがカラフルな光を放つ中、ライブ後半戦は「そこそこプレミアム」からスタート。「ザ・スターダストボウリング」に続く「ごぶれい!しゃちほこでらックス」では坂本遥奈がフロア中央に設置されたサブステージでアクロバティックなダンスを披露し観客からの喝采を浴び、さらに秋本は神輿に乗って観客を威勢よく煽るなど、会場をどんどん盛り上げていく。「恋人はスナイパー」に続けて披露されたキラーチューン「トリプルセブン」ではメンバーが観客と一斉にジャンプをするなど一体感あふれるライブを展開し、「もーちょっと走れ!!!」まで一気に駆け抜けた。ラストは「なんとか雨も止んだし、いい感じに暗くなってきたんですけど、次が最後の曲になります!」という咲良による曲紹介から、ディスコナンバー「でらディスコ」を披露した。

アンコールではメンバーが心を込めて「マジ感謝」を歌ったあと、6人それぞれが一言ずつ満員の会場に向かって野音公演の感想を述べていく。伊藤が「今日楽しかったって心の底から思える方は『イエーイ!』って言ってください。せーの!」と観客に向けて叫ぶと観客からは大きな歓声が沸き起こった。伊藤は続けて「ありがとうございます。ちゆはみんなのライブ中の笑顔やそういうのを見るのがすごい好きなんですよ。だから今日こんなにたくさんの方の笑顔を見れてとても楽しかったです。これからもその笑顔を見せてください。よろしくお願いします」と思いをファンに伝えた。さらに安藤は「こうやってこんな素敵な広いステージで夏休みをいい感じにスタートできて本当によかったです。今年の夏休みはしゃちほこに預けてください。期待は裏切りません。これからもよろしくお願いします」と今後の活動について力強くアピールした。そして6人は新曲「尾張の華」を披露し、「乙女受験戦争」では山里と和太鼓メンバーを再び招きつつ、にぎやかになったステージでパワフルな歌と踊りを観客に届けた。このあとライブは鳴り止まない拍手を受けてダブルアンコールに突入し、メンバーは「トリプルセブン」を再び披露。そして「マジ感謝です!」といった感謝の言葉を最後に述べて、全力で駆け抜けた初の野音公演を締めくくった。なおチームしゃちほこは8月18日に「チームしゃちほこサマーフェスティバル~略して“しゃちサマ♪”」の愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール公演を開催。当日は東京、愛知、大阪の映画館やカラオケ店でライブビューイングも実施される。

チームしゃちほこ「チームしゃちほこサマーフェスティバル~スクランブる!? 野音ライブSP~略して“しゃちサマ♪”」
2013年7月28日 日比谷野外大音楽堂 セットリスト

01. いただきっニッポン!~おみそれしましたなごやめし~
02. 乙女受験戦争
03. ピザです!
~全力! 太鼓でイス取りゲーム~
04. お願い!unBORDE
05. 首都移転計画
06. サマラバ (ゲストダンサー:てぃ☆イン)
~しゃちほこ三者面談~
07. そこそこプレミアム
08. ザ・スターダストボウリング
09. ごぶれい!しゃちほこでらックス
10. 恋人はスナイパー
11. トリプルセブン
12. もーちょっと走れ!!!
13. でらディスコ
<アンコール>
14. マジ感謝
15. 尾張の華
16. 乙女受験戦争
<ダブルアンコール>
17. トリプルセブン

チームしゃちほこ「チームしゃちほこサマーフェスティバル~略して“しゃちサマ♪”」

2013年8月18日(日)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール

音楽ナタリーをフォロー