音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

あやの先生のウクレレ教室、50人が「たんぽぽ」完奏

つじあやのが講師を務めるウクレレ教室ライブツアー「ウクレレサマーランデヴー~みんなでウクレレ編~」。昨日8月26日に行われた東京公演にはナタリースタッフも参加し“あやの先生”の講義を受けた。

本物の学校跡地である世田谷ものづくり学校には50名を超える生徒が参加。講義はウクレレのチューニングからスタートし、最終的には生徒全員で「たんぽぽ」を完奏するというもの。

生徒にはあやの先生のオリジナル曲「たんぽぽ」の直筆コード譜が事前に配布されてあり、あやの先生は教室内をぐるぐると移動しながら、ウクレレの構え方から上下のストローク、スムーズな運指のコツにいたるまで、生徒たちひとりひとりにやさしくアドバイスして回った。

講義のラストでは、あやの先生の「1曲通して弾けなくてもいいから、『このコードだけはちゃんと鳴らせた』とか自分のテーマを見つけて、それがクリアできるようがんばってください」という言葉のあと、課題曲「たんぽぽ」を全員で演奏。あやの先生の歌声にあわせ、50数本のウクレレが一斉に鳴り響いた。

講義のあとは、教室からカフェスペースへと移動し、つじあやの弾き語りライブがスタート。大ヒット曲「風になる」や彼女がウクレレを引き始めた頃熱心に“コピー”していたという吉田拓郎「結婚しようよ」のカバー、最新アルバム「COVER GIRL 2」に収録される「頼りない天使(オリジナル:フィッシュマンズ)」など5曲が披露された。

拍手が鳴り止まぬ中、つじは「さっきの曲で最後と言いましたが……」とふたたび“あやの先生”の顔に戻った。アンコールがわりの1曲として、ふたたび客席の“生徒”とともに「たんぽぽ」を演奏し、講義は終了。

「ウクレレサマーランデヴー」はこのあと、8月30日に北海道・札幌くう、8月31日に宮城・仙台カフェモーツァルトアトリエにて開催される。

音楽ナタリーをフォロー