音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

山本寛、ユウも登場!AZUMA HITOMIが物理実験ライブ

61

4月24日に1stアルバム「フォトン」をリリースするAZUMA HITOMIが、これに先駆けて4月10日に東京・渋谷2.5Dスタジオでイベント「AZUMA HITOMI『春のひとりじっけんしつ』~発売まで待てない! 1stアルバム『フォトン』リリース記念スペシャル~」を実施。この模様はUstreamでも生配信された。

DJいぬによるパフォーマンスでフロアが温まったところで、AZUMA HITOMIは白衣姿でステージに登場して「今からシャープペンの芯と消しゴムを使って“じっけん”を行います」と高らかに宣言。物理学研究者「竹森さん」を呼び込んで、アルバムタイトルの「フォトン」が意味する光子をテーマに実際に物理実験が行われ、AZUMAのゆるいトークで会場はなごやかな雰囲気に包まれた。

続いてサエキけんぞうと、アニメ監督の山本寛が登壇。「フォトン」をテーマに音楽、アニメ、物理学などジャンルを超えたトークセッションが繰り広げられた。コバルト爆弾αΩ+daaharaによるVJとともに幕を開けたライブコーナーでは、まずは新曲「にちよう陽」「東京」「太陽をみていた」をダイナミックな映像にあわせて生演奏。「無人島」では抽選で選ばれた一般客をステージに上げ、4台のキックマシーンの手動スイッチを渡して観客とセッションを楽しんだ。

続いてのゲストパートでは、アルバム「フォトン」の初回特典CD「フォトン-reconstruction-」でAZUMAの「かさぶたとチェリー」をカバーした、チリヌルヲワカのユウ(Vo、G)をゲストに迎えてデュエットを披露。「破壊者アート」ではAZUMA HITOMIもベースを持ち、ベース&ボーカルとギター&ボーカルの2人による迫力のロックセッションが繰り広げられた。

後半は、自らプログラムしたというLED照明システムとキックマシーンを駆使して「ハリネズミ」「情けない顔で」を立て続けに演奏。ライブ本編はシングル曲「きらきら」で幸福感たっぷりに締めくくられ、さらにアンコールで「ドライブ」を披露してこの日のステージは幕を閉じた。

音楽ナタリーをフォロー