音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

スケボーキング再始動!復活作で坂本龍一をリメイク

SBK(スケボーキング)がニューシングル「elegy train」を9月24日にリリースし、4年ぶりに活動を再開することが発表された。

ダンスミュージックを軸にあらゆるジャンルを消化し、全盛期の日本のミクスチャーシーンで特に異彩を放つ存在だった彼ら。SHIGEOのthe samosやmold、SHUNとSHUYAのLow-Cutsとしての活動を経て、SBK(スケボーキング)として満を持してシーンに帰還することになる。

復活第1弾となるシングルは、オリコン史上初めてインストで1位を獲得した坂本龍一の大ヒットシングル「ウラBTTB」の「energy flow」を大胆にリメイクしたもの。時代を象徴するヒット曲を使用する事によって現在と過去の2つの時代背景を表現するドメスティックサンプリングという手法のパイオニアである彼らが、癒し系とも表現されたこの曲をどのように料理したのか興味深いところだ。

ちなみにこの曲は、元ネタとなった坂本龍一本人も大絶賛。「最初のデモを聴いた時、ピアノとドラムが合ってなくてすごくカッコよかったな~。着目点がいいね。でも、完成したこのトラックもグッときますよ」とコメントしている。

「elegy train」はレコ直♪やiTunes Storeにて先行配信中。Yahoo!ミュージックでは8月4日より新曲ビデオクリップの独占フル先行視聴を実施。8月20日に発売される「ROCKIN'ON JAPAN」では、今回の復活劇についてShigeoとShunへのインタビューが試みられている。彼らが今後どのような活動を展開することになるのか、その動向に注目しておこう。

音楽ナタリーをフォロー