音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

美嘉、水樹、きよし、冬美が紅白リハで本番への抱負語る

341

「第63回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月29日より東京・NHKホールでスタートした。この記事では水樹奈々中島美嘉、氷川きよし、坂本冬美のコメントを紹介する。

水樹奈々

今年で4度目の出場となる水樹奈々は、「紅白は世界で観られる番組なので、皆さんに観ていただけるのがすごくうれしい」と嬉々とした表情。出演者の中で会ってみたい人は?という質問には「美輪明宏さんにご挨拶したいです! 緊張して何もしゃべれないかもしれないけど(笑)」と興奮気味に回答した。また水樹は今朝明治神宮に参拝し、ステージの成功祈願をしてきたことを告白。当日はシングル曲「BRIGHT STREAM」を歌唱する。

中島美嘉

3年ぶりの紅白出場に際して「久しぶりなので緊張してます」「“年末”って感じがします」「『おめでとう』っていうメールがいっぱい来ました」と話す中島美嘉。冬の切ないナンバー「初恋」を歌う彼女だが、当日は冬をイメージした赤い衣装を用意し、裸足でのパフォーマンスを行うとのこと。また今年、来年の活動については「(今年は)休みと仕事がハッキリと半々でした」「来年は音楽をメインとしたいい年になればいいな」とコメントしていた。

氷川きよし

「歌の世界に入り込んで、愛を込めて歌いたいです」と抱負を語った氷川きよし。今年で13回連続出場を果たす氷川は「日本最大の音楽の祭典に出させていただいて光栄です!」とにこやかな表情。また2013年に15周年を迎えることに触れ、「新たな表現を取り入れて15周年を最高の形で迎えたい」と意欲を見せた。

坂本冬美

坂本冬美が紅白のステージで「夜桜お七」を歌唱するのはこれで5度目。「まさかまた歌わせていただけると思ってなかったので、桜(柄)の着物を準備してなかったんですね(笑)。急遽用意したんです」と裏話を語る。当日の衣装は白と黒を基調にした和柄の着物になるとのこと。

NHK総合・ラジオ第1「第63回NHK紅白歌合戦」

2012年12月31日(月)19:15~23:45
※5分間の中断ニュースあり

音楽ナタリーをフォロー