音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

葵がバンド形式新プロジェクト始動、デビュー曲は映画主題歌

141

が新プロジェクト「168 -one sixty eight-」を始動。7月29日に初ワンマンライブを、8月8日にデビューシングル「雪月花」を徳間ジャパンコミュニケーションズからリリースする。

彩冷えるのフロントマンとしてデビュー後、メンバー脱退を受けてソロ名義「葵 from 彩冷える」で活動したり、メガマソの涼平(G)とのユニット「葵&涼平」としてリリースやライブを行ったりと、さまざまな形で音楽活動を展開している葵。新たに始動する「168 -one sixty eight-」は、サポートメンバーを固定しないバンド形式のプロジェクトとなる。

ファンへのお披露目ライブとなる7月29日のステージには、YUKI(G / DUSTAR-3)、SEBASTIAN(G / BULL ZEICHEN 88)、NAOKI(B / ex. Kagrra,)という面々がサポートに参加。さらにチケット代はバンド名にちなんで168円という破格の値段となっている。チケットは6月1日よりファンクラブ先行予約が、6月16日より一般発売がスタートする。

また、デビュー曲「雪月花」は映画「ハピネス イン リトルプレイス」の主題歌に決定した。今秋公開のこの映画には、劇団☆新感線の山本カナコや同劇団のアクション監督も務める川原正嗣、若手俳優の久保田悠来、林明寛、小野賢章などが出演。さらに葵もバーのマスター役で映画に登場する。

168 -one sixty eight- 1stワンマンライブ「激情スコール」

2012年7月29日(日)東京都 赤坂BLITZ
[第1部]START 14:00
[第2部]START 18:00

音楽ナタリーをフォロー