音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

リップ「間宮兄弟」タッグ再び!松ケン&瑛太映画で主題歌

146

2012年3月に公開される映画「僕達急行 -A列車で行こう-」の主題歌に、RIP SLYMEの楽曲「RIDE ON」が起用された。

「RIDE ON」は今年3月にリリースされたアルバム「STAR」の収録曲であり、この映画のために書き下ろされたナンバー。昨年9月、映画の脚本および監督を務める森田芳光がリップに主題歌をオファーし、「旅」「列車の窓から風が入ってくるイメージ」などさまざまなリクエストをメンバー全員がヒアリングした上で楽曲が制作された。

森田監督とリップのタッグは、2005年公開の映画「間宮兄弟」で主題歌「Hey,Brother」を書き下ろして以来2度目。監督は「リップは忙しいにもかかわらず、僕らの撮影現場にまで来て打ち合わせをしてくれたのだが、それが、こういう曲になったとは、正直びっくりした。あまりに映画そのものの曲なのだ。そのライド感、暖かさ、主人公の気持ちを言っているような歌詞、いいなぁ!」と絶賛のコメントを寄せている。

なお、映画「僕達急行 -A列車で行こう-」は、松山ケンイチと瑛太が主演するコメディ作品。大企業で働くマイペースな青年と、下町の鉄工所の跡取り息子という対照的な2人が大好きな鉄道を通して友情を育み、恋に仕事に悪戦苦闘する姿を描く。

RIP SLYME コメント

“男同士の友情”や“旅”といったキーワードからイメージして制作した「RIDE ON」。“ワキアイアイ”と楽しい感じが伝わればと思い完成させましたが、映画のテンポ感、世界感に凄く馴染んでいて安心しました。趣味を通じて人間が社会と繋がっていく様子が映画全体を通して自然に描かれ、ほのぼのとした風景が心を癒し、森田監督の独特の世界感、リズム感に引き込まれてしまいました。是非次回は“飛行機映画”でご一緒させて下さい(笑)

松山ケンイチ コメント

Take The A Train(A列車で行こう)を越える名曲が誕生したと思います。これから皆さんこれを聴いて電車に乗りましょう。

森田芳光監督 コメント

僕がリップの音楽に感じるところは、歌詞がリズム重視、ではなく歌詞からリズムが派生している点が素晴らしいと思う。したがって、リズムに乗りながらでもイメージがわいてきやすい。リップのビデオクリップが印象深く出来ているのもその点が大きいと思う。間宮兄弟の時に初めて主題歌をお願いしたのだが、兄弟の持つテンションのおかしさ、何とも言えない暖かさがリップの音楽にぴったりだった。打ち合わせをしても、映画的な感性がすごくあって、とてもいい仕事ができたと思う。リップのメンバーひとり、ひとりに個性がありながら、なかよく仲間として音楽活動をしていることが、とても、うらやましかった。今回の映画、僕達急行でも、僕ははじめから、リップに主題歌をお願いしたいと思っていた。主人公二人が仲良く、鉄道を介して友情を温める感じが、リップの友愛のセンスにピッタリだと思った。リップは忙しいにもかかわらず、僕らの撮影現場にまで来て打ち合わせをしてくれたのだが、それが、こういう曲になったとは、正直びっくりした。あまりに映画そのものの曲なのだ。そのライド感、暖かさ、主人公の気持ちを言っているような歌詞、いいなぁ! この曲をテーマにして、男子も女子も寂しいときは、みんな僕達急行に乗り込んでもらいたい。

音楽ナタリーをフォロー