音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

サカナクション超満員Zeppをエンタメ空間に変えた一夜

388

サカナクションのZeppツアー「SAKANAQUARIUM 2011 ZEPP ALIVE」が、昨日6月28日にZepp Tokyoにてファイナルを迎えた。

今回のツアーは、新旧の楽曲をまんべんなく盛り込んだセットリストで展開。また、Zeppの空間を存分に生かした演出や照明が取り入れられ、これまで以上に緻密かつエンタテインメント性の高い一夜となった。

ライブは、真っ暗なステージにスモークが噴射される中でスタート。雲がかかったようなステージにメンバー5人のシルエットが浮かび上がり、ドラマチックなオープニングに満員のオーディエンスは歓声をあげる。カラフルなライティングによって真夜中のクラブを思わせるドープな空間が作り出され、たちまち会場はサカナクションの世界に支配されていく。

そして、山口一郎(Vo, G)の「用意はいいかい?」という叫びによって「インナーワールド」へなだれ込むと、観客は拳を突き上げフロアを揺らす。続く「アドベンチャー」では岩寺基晴(G)と草刈愛美(B)の2人がステージ前方に移動し、うねるようなグルーヴでフロアを踊らせた。

「Klee」が終わったところで、オーディエンスの盛り上がりに山口は「すごいね」と感想を漏らす。続けて「今日は今のサカナクションを、サカナクションチームと一緒に表現していくので思いっきり楽しんでいって」と観客に呼びかけ、次のパートへと移っていった。

中盤戦はオーディエンスを引きつける、印象的な演出が随所で登場。「潮」ではスクリーンにオイルアートが映し出されたほか、壁に螺旋模様の照明が当てられ楽曲のイメージを増幅させる。かと思えば、「フクロウ」ではオレンジのシンプルなライトがステージを染め上げ、山口の叙情的な歌声を引き立てていた。

さらにこのパートでは、7月20日リリースの新曲「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」も披露された。この曲は5人のコーラスワークと軽やかなビートが映えるポップチューン。間奏で岡崎英美(Key)が弾くバッハのフレーズがフィーチャーされるなど実験的な試みが取り入れられたこの曲を、観客は体を揺らしたり、手をあげたりと思い思いの形で堪能した。

また「montage~マレーシア32」では、バイザー風のサングラスを着用した5人がステージ前方に一列に並び、カオシレーターやカオスパッド、サンプラーなどを使ってセッションを展開。オーディエンスは、斬新なパフォーマンスと刺激的なサウンドスケープに魅入った。

終盤では「ルーキー」「アルクアラウンド」「アイデンティティ」というシングル3曲を立て続けにプレイ。山口の「まだまだいくぞ!」という叫びに賛同するようにフロアから威勢のいいコールが起こり、一体感が生み出されていく。本編ラストを飾った「アイデンティティ」では山口の歌と観客のコーラスが絶妙な掛け合いをみせ、バンドとオーディエンスの絆をうかがわせた。

そして本編の興奮が覚めやらぬ中、アンコールがスタート。観客の裏拍のハンドクラップもバッチリだった「ネイティブダンサー」に始まり、アップデートされたアレンジが耳を引いた「三日月サンセット」と、ライブ映えする楽曲が続けて演奏された。

MCで山口は「本編でずらっと観てもらったエンタテインメントは、今のサカナクションでございます」と説明。「前っ面に5人が出てきたときはびっくりしたでしょ?」とニヤリとすると、自身のさまざまなアイデアをライブで実現させていくためには周囲が協力してくれたことを明かし、スタッフに感謝の思いを伝えた。

この日がツアー最終日ということもあり、続いてメンバーがそれぞれ6公演を終えての心境を吐露。さらに山口は「今日は大事な報告があります」と前置きすると、10月から新たなツアーを行うことを告知した。関東公演は幕張メッセにて行われることが発表されるとひときわ大きな歓声が起こり、山口は「ステージが大きいからいろんな演出ができると思うんだよね」と意欲をみせた。そしてバンドは最後に「目が明く藍色」を届けると、約2時間におよんだ濃密なステージを締めくくった。

なお、ライブ中に発表された全国ツアーは10月1日の新潟・新潟LOTSからスタート。13会場15公演が予定されており、「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」にはツアーチケットの先行予約情報が封入される。

「SAKANAQUARIUM 2011 ZEPP ALIVE」Zepp Tokyoセットリスト

01. OPENING
02. インナーワールド
03. セントレイ
04. アドベンチャー
05. 表参道26時
06. Klee
07. 潮
08. ワード
09. フクロウ
10. シーラカンスと僕
11. あめふら
12. 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
13. ホーリーダンス
14. montage~マレーシア32
15. ルーキー
16. アルクアラウンド
17. アイデンティティ
<アンコール>
18. ネイティブダンサー
19. 三日月サンセット
20. 目が明く藍色

音楽ナタリーをフォロー