音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

モーモールルギャバン、ワンマンツアーは狂乱の幕開け

133

モーモールルギャバンの全国ワンマンツアー「Oneman The BeVeci Calo☆Too-Ah」が、4月17日の東京・LIQUIDROOM ebisu公演からスタートした。

彼らの注目度の高さを証明するように、この日のチケットは即日完売。会場には1000人近くのファンが詰めかけ、異様な熱気がフロアを充満する中で開演時間を迎えた。

そして、客席が暗転すると同時に現れたゲイリー・ビッチェ(Dr, Vo)は、おもむろに「君のスカートをめくりたい」をアカペラで歌い出す。すると野太い合唱が起き、奇妙な一体感が漂い始める。そのままライブは怒涛のように展開し、インディーズ時代の名曲から最新作「BeVeci Calopueno」の収録曲までが、次々と投下されていった。

中盤では、ユコがメインボーカルを務めるナンバーがフロアの空気を一変。ユコの甘くハスキーな歌声が響き、オーディエンスの興奮をクールダウンさせていく。しかし落ち着いたムードもつかの間のこと。ゲイリーが映画「スターウォーズ」でおなじみの「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)」を歌い始めた瞬間、再び場内は奇妙なムードに。「キェー!」と奇声を発し、銅鑼を叩くゲイリーの姿に観客は釘付け。続けてモーモー史上最速テンポの「UWABURN」に突入し、カオティックな空気が会場を支配した。

「モーモーはそもそもバンプ(BUMP OF CHICKEN)みたいなバンドになりたくって。俺は元々ギターボーカルだったんだよ。でもドラムの野口が抜けたからこんなバンドになっちゃって。野口がムカついたからこういう曲を作りました!」というゲイリーのボヤキから始まった「野口、久津川で爆死」では、観客全員が「野口」と絶叫。ライブには欠かせない「サイケな恋人」が始まると、オーディエンスの興奮は最高潮に。フロアが大きく揺れ、終盤ではゲイリーの掛け声にあわせて「パンティ! パンティ!」とおなじみのパンティコールが盛大に繰り広げられた。

本編終了後も熱烈なアンコールに応えて、この日はトリプルアンコールを行ったメンバーたち。ゲイリーは汗まみれになりながら「ありがとう」を連呼し、投げキッスを観客にプレゼント。ユコとT-マルガリータもファンの期待に応える熱演を披露し、ライブはツアー初日とは思えない盛り上がりの中で終幕した。

音楽ナタリーをフォロー