柴田聡子が新曲「雑感」配信、Kan Sanoも演奏参加

154

柴田聡子の新曲「雑感」が10月6日に配信リリースされる。

柴田聡子「雑感」配信ジャケット

柴田聡子「雑感」配信ジャケット

大きなサイズで見る(全3件)

「雑感」は昨年6月に作られたという楽曲で、ライブではたびたび披露されていた。作詞作曲、ボーカル、コーラス、アコースティックギター、パーカッション、プログラミングを柴田が担当し、イトケンがドラム、かわいしのぶがベース、岡田拓郎がエレキギター、Kan Sanoがキーボードを演奏。Kan Sano以外はハンドクラップでも参加している。

レコーディング / ミキシングエンジニアを宮﨑洋一、マスタリングエンジニアを風間萌(Studio Chatri)が担当。ジャケットデザインは藤木倫史郎が手がけ、新たなアーティスト写真は池野詩織が撮影した。リリースに先駆け、明日9月29日(水)放送のJ-WAVE「STEP ONE」では楽曲が初オンエアされる。

柴田聡子

柴田聡子

柴田聡子[拡大]

「雑感」という曲は、2020年6月に作りました。新しい曲が作りたかった。その時期に考えていたことは、もう会えない友達や家族に、どうしたらいいかな?と、誰も知らないことを片っぱしから聞いてみたい、ということと、今会うことのできる好きな人にどうやったら会えるのか、ということだったと思います。感覚としては、熱くて冷たくて、おかしな感じでした。ある友人が故郷を離れた時の話にも、こんな様な熱と冷えがあったなと思い出して、曲が出来ました。その友人の心情らしくタフに仕上げたいなあと作業していたら、すごく時間がかかってしまいました。私にとっては難しい曲だったのかなと思います。でも、演奏を頂いた、イトケンさん、かわいしのぶさん、岡田拓郎さん、Kan Sanoさん、録音からミックスまでがっつり付き合ってくれたエンジニアの宮﨑洋一さん、マスタリングエンジニアの風間萌さんのお陰でちゃんと出来上がりました。よかったー。私は本当に、音楽に安心や信頼を貰っているんだと、作っている時に感じました。何かしらで恩返ししたい気持ちです。久しぶりのリリースがうれしいです。ちょっと想いが重いですけど、聴いてみて下さい!

この記事の画像・動画(全3件)

J-WAVE「STEP ONE」

2021年9月29日(水)9:00~13:00

全文を表示

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正します。

関連記事

柴田聡子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 柴田聡子 / 岡田拓郎 / Kan Sano の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。