BTSならびにBHEがユニセフとの「LOVE MYSELF」キャンペーン継続、コメント動画公開

135

ユニセフ(国連児童基金)が本日3月5日に、BTSならびにBTSが所属する韓国のBig Hit Entertainmentと締結しているグローバルパートナーシップを継続することを発表。これにあわせてBTSが出演するメッセージ動画をYouTubeで公開した。

2018年、ユニセフ・ニューヨークの国連本部でスピーチを行うBTS。(c) UNICEF_UN0237948_Nesbitt

2018年、ユニセフ・ニューヨークの国連本部でスピーチを行うBTS。(c) UNICEF_UN0237948_Nesbitt

大きなサイズで見る(全2件)

2017年より「LOVE MYSELF(私自身をまず愛そう)」キャンペーンを通じて、ユニセフの「ENDviolence(暴力をなくそう)」キャンペーンをサポートしているBTSとBig Hit Entertainment。今回公開された動画でBTSはBig Hit Entertainmentとともに子供や若者に対するあらゆる形態の暴力やネグレクトの撲滅と、子供や若者が自尊心を持って幸福に生きられることを促進するために「LOVE MYSELF」キャンペーンの継続を通して、これからもユニセフと協力して取り組んでいくことを約束した。

グローバルパートナーシップ継続の一環として、BTSとBig Hit Entertainmentは「LOVE MYSELF」キャンペーンに関連した商品およびアルバム「LOVE YOURSELF」の販売利益から100万ドル以上をユニセフに寄付する。RMは「小さな歩みから始まった『LOVE MYSELF』キャンペーンが、より大きなパートナーシップになっていることに、非常に感動し、感謝しています。私たちも、“LOVE MYSELF”、つまり自分自身を愛することに努めてきました。そして私たちは、チームとして、また1人ひとりの個人としても、成長したと思います」とコメント。ユニセフ事務局長のヘンリエッタ・フォアは、「COVID-19は、私たち皆の、そして特に子どもたちや若者たちの生活や情緒的幸福に、大きなダメージを与えています。BTSの皆さんは、音楽やメッセージを通して、『あなたは1人ではありません。今は誰にとっても困難な時期です。愛と優しさをもてれば、私たちは一緒に乗り越えることができます』と世界中の人々に伝えています。パートナーシップが新たなステージへと動き出した今、私たちは共に、より優しく、より安全で、よりつながれる世界を再び創っていくことに、全力を注ぎます」と述べている。

この記事の画像・動画(全2件)

BTSのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BTS の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。