松田琉冬が19歳の誕生日に1stシングル「RUN」配信、トラック制作はYackle

220

松田琉冬が19歳の誕生日である本日2月15日に1stシングル「RUN」を配信リリースした。

松田琉冬

松田琉冬

大きなサイズで見る(全4件)

かつてEBiDANのユニットMAGiC BOYZおよびHONG¥O.JPのメンバーとして活躍していた松田。2019年にHONG¥O.JPが解散したあと、2020年にGOMESS、nagomu tamaki、Yackleらをプロデューサーに迎えた作品「TOKiO BOY」をリリースし、ソロアーティストとしての活動をスタートさせた。

今作のトラック制作はYackleが担当。アートワークはmiku masudaが手がけている。松田は楽曲について「19歳の誕生日にリリースするこの楽曲は、自分の中での焦燥と葛藤、それに対しての現在時点の解答をリリックにしたものになっています」とコメントしている。

この記事の画像(全4件)

松田琉冬 コメント

19歳の誕生日にリリースするこの楽曲は、自分の中での焦燥と葛藤、それに対しての現在時点の解答をリリックにしたものになっています。
トラックは、一緒に制作するのは3回目のYackleで、僕とYackleにしか出せないオリジナリティ溢れる曲になったと思います!

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 松田琉冬 / Yackle の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。