音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

つんく♂11年ぶりソロ名義曲は女性に捧げるバラード

71

つんく♂がおよそ11年ぶりとなるソロ名義のオリジナルシングル「To You」を、12月29日(29=つんく♂の日)にリリースすることが決定した。

「つんく♂」名義のシングル曲が発表されるのは、1999年リリースの「TOUCH ME」以来。タイトル曲「To You」は中島卓偉が作曲を、つんく♂自身が作詞を手がけるという世代を超えたコラボレーションによるもので、「幸せの中にある不安感・孤独感」が歌われた、女性に捧げるバラードだ。

また、つんく♂は本作を「プレミアムMAXIシングル」と命名し、新星堂とのタイアップによる限定シングルとして展開。新星堂はアイドルポップスを「iPop(アイポップ)」と名付け、つんく♂プロデュースのハロー!プロジェクトやNICE GIRL プロジェクト!などを応援するCDショップとして、積極的に商品展開を行っていくとのこと。まずはそのプロデューサーでもあるつんく♂の作品を、全国160店舗とECサイトにて販売する。

つんく♂ プレミアムMAXIシングル「To You」ライナーノーツ

つんく♂セルフプロデュースの新企画として始めることにしましたオリジナル楽曲シリーズ。今年5月に配信で発表した「翼」を含む全3曲入り、11年ぶりのシングルはマキシシングルです。

タイトル曲「To You」は「中島卓偉」に作曲を頼みました。彼の作曲力に惚れ込み、「THE ポッシボー」や「小川真奈」への作曲を依頼してきたけど、今回は直々に「俺のために書いてくれるか」と。いつも彼とは数時間「ああしたい。こんな曲はどうか」と打ち合わせをします。

正直、自分で曲を作るのであれば、そう言った面倒な作業は必要ないわけだが、でも、あえて自分で作らないと方針を決めて曲を作ってもらうと決めた今回も、彼との楽曲制作打ち合わせにたっぷり時間を使い、彼からの仕上がりを待ちました。

今の日本に俺以外に(笑)こんな素晴らしい曲(メロディ)を書く奴いないのかもしれない。

洋楽的なリズムがあり、かつ、和的なメロディ。

うん、心にしみるね。

そして、その曲に歌詞を書きこんでいきます。

他の作曲者の曲に歌詞を書きこむ感覚って、ジクソーパズルを完成させて行くような感覚。

40歳を過ぎた俺が歌う曲をどんな歌詞にしようかと考えたが、「FOREVER~あなたに会いたい~」(2005年7月13日発売 アルバム「タイプ2」)に引き続いて女歌にすることにしました。

もしかしたらちょうどあの頃学生でシャ乱Qのファンだったそんな彼女たちの人生って今、こんななのかなぁ…なんてね。

都会であれ田舎であれ、幸せの中にある不安感って誰にでもある孤独感だと思う。

贅沢な悩みの人もいればリアルに寂しい人もいるだろうけど、いろんな女性に聞いてもらいたいそんな一曲に仕上がりました。

是非、聴いてください!

中島卓偉 コメント

これまでにも、つんく♂さんから作曲オーダーは何度も受けて来ましたが「今回はつんく♂さんのソロの楽曲の作曲依頼」だと聞き、一瞬涙をこらえた自分がいました。これまでにあれ程、沢山のヒット曲を世に送り出したつんく♂さんが、俺に作曲を依頼するというその心の大きさに感動しました。そしてこれほど光栄なことはありません。つんく♂さんに一生唄ってもらいたいバラードというテーマをもって作曲をしたのですが、出来上がった「To You」を聴いて、淋しさと切なさとつんく♂さんの優しさが、この歌詞にそしてこの声に全て刻まれているなと思いました。いつまでもロックなつんく♂さんでいて下さい!いつまでもバラードが似合うシンガーでいて下さい!

音楽ナタリーをフォロー