音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

sleepy.ab新曲お披露目ツアーでレコーディング裏話暴露

54

sleepy.abの全国ツアー「新譜録音経過報告行脚ワンマンツアー」の東京公演が、11月22日にShibuya O-EASTで行われた。

このツアーはタイトルが示すように、今後リリース予定の新曲をひと足先にファンに届けることを目的としたもの。この日は初期ナンバーや最新シングルとともに、タイプの異なる新曲2曲が披露された。

ライブの序盤は、オープニングを飾った「アクアリウム」を筆頭に、「spinal code」「インソムニア」といった陰影のある楽曲が続き、会場がドープな空気で染め上げられる。特に田中秀幸(B)の重みのあるベースと津波秀樹(Dr)の刻む芯のあるドラムは、仄暗いライブハウスの中でひときわ冴え渡っていた。

成山剛(Vo, G)の「札幌から来ましたsleepy.abです」というおなじみの挨拶を挟んで始まったパートでは、この日1曲目となる新曲も演奏。初期のsleepy.abをほうふつとさせるこの曲は、成山の不穏さを漂わせるボーカルと、山内憲介(G)の爪弾くノイジーなギターが聴き手を刺激するナンバー。バンドの激しい側面を押し出した音像を観客は息を飲み受け止めた。

シリアスなムードに包まれた会場の雰囲気を変えるように、その後に続いたMCコーナーでは、普段は演奏に徹している津波が饒舌ぶりを発揮。「僕ら基本的に仲はいいんですけど、音楽上でぶつかり合うことがたまにあって。この前レコーディング中に山内に対してキレたことがあったんだけど、何日か経って山内から『あんな言い方してゴメン』っていう件名でメールが来て気持ち悪かった」と山内をいじり倒し、「今日はそうやってアレンジした曲を披露します」と笑いながら語った。

東京でバンドバージョンを披露するのは初めてという「街」を挟み再びMCが始まると、今度は山内に代わり成山が標的に。津波によって大阪のホテルで起きた飲酒&騒音エピソードが暴露されるも、最後はラジオに送ったメッセージや楽曲の仮タイトルをネタに山内があらゆる方向からいじられる結果となり、いつもと変わらない流れにフロアのあちこちから笑いが起きた。

その後、やわらかなアンサンブルを聴かせる「メロディ」に続いては、山内が津波を見て「ドングリ」と名付けた新曲へ。田中の跳ねるようなベースと、成山が爪弾くアコースティックギターが重なるこの曲は、前半で披露された新曲とは対極にある多幸感あふれるミディアムチューン。そのまま「sonar」「遊泳スローモーション」へと流れ、突き抜けるようなバンドサウンドに会場の空気も開放感あふれるムードに。そして「アルバムも来年2月に発売することが決まったので、肝に銘じてがんばります」という成山の言葉に続いて最新シングル「かくれんぼ」が始まる。オレンジ色のあたたかなライトが会場を照らし、ノスタルジックな音がフロアを包み込む中で本編が締められた。

アンコールで披露されたのは冬景色を歌った「雪中花」と、眠りを誘う子守歌のような「ねむろ」の2曲。MCで田中は「冬は俺たちの季節だと勝手に思ってるんで、がんばらなくちゃね」「アルバム発売までもうしばらくお待ちいただければと思います」とファンに語り、sleepy.abのシーズンがこれからであることをアピールする形でライブは終わりを迎えた。

「新譜録音経過報告行脚ワンマンツアー」東京公演セットリスト

01. アクアリウム
02. 夢の花
03. 四季ウタカタ
04. インソムニア
05. spinal code
06. 新曲
07. 街
08. 君と背景
09. メロディ
10. 新曲
11. sonar
12. 遊泳スローモーション
13. かくれんぼ
<アンコール>
14. 雪中花
15. ねむろ

音楽ナタリーをフォロー