活動10周年のさくら学院、2021年8月末をもって活動に幕

6953

“成長期限定ユニット”さくら学院が、2021年8月末をもって活動を終了する。

さくら学院

さくら学院

大きなサイズで見る(全19件)

中学卒業と同時にグループからも卒業するという鉄の掟があり、2010年4月の開校(結成)からメンバーの卒業と転入(加入)を繰り返しながら活動を続けてきたさくら学院。活動10周年を迎え、さくら学院職員室(スタッフ)一同は、これまでのグループの軌跡を振り返りながら、多感な時期にある生徒たちを取り巻く環境の変化、また、昨今の状況などを踏まえて、今後の活動内容や育成方法について考えを巡らせてきた。その結果、さくら学院設立当初から掲げてきた「生徒たちが夢を実現し、一人一人が様々な分野で活躍できるスーパーレディーに成長していく」という目標のためには、より個々にあった育成を強化し個人それぞれに特化した活動に注力していくべきだという結論に至り、2021年8月31日に11年5カ月の歴史に幕を閉じることに決めた。

2020年度のさくら学院の活動期間は、2020年9月1日から2021年8月31日までとし、転入生は迎えず白鳥沙南、野中ここな、田中美空、八木美樹、佐藤愛桜、戸高美湖、野崎結愛、木村咲愛の8名で活動していく。父兄(さくら学院ファンの呼称)は、歴代の卒業生たちが築き上げた伝統と絆を大切に、ラスト1年を駆け抜ける彼女たちの姿をしっかりと見届けよう。

さくら学院は、2010年4月に武藤彩未、三吉彩花、松井愛莉、中元すず香、飯田來麗、堀内まり菜、杉崎寧々、佐藤日向の8名で結成されたユニット。同年12月8日に1stシングル「夢に向かって / Hello ! IVY」でCDデビューを果たした。卒業生には武藤、松井、三吉、中元、杉本愛莉鈴、堀内、飯田、杉崎、佐藤、菊地最愛、水野由結、田口華、野津友那乃、磯野莉音、大賀咲希、白井沙樹、倉島颯良、黒澤美澪奈、山出愛子、岡田愛、岡崎百々子、新谷ゆづみ、麻生真彩、日高麻鈴、藤平華乃、吉田爽葉香、有友緒心、森萌々穂の総勢28名が名を連ねている。中元と菊地はSU-METALとMOAMETALとして世界で活躍するメタルダンスユニット・BABYMETAL、藤平、吉田、有友、森は4人組ユニット@onefiveとして活動中。

※杉崎寧々の「崎」はたつさきが正式表記。
※日高麻鈴の「高」ははしご高が正式表記。

この記事の画像(全19件)

全文を表示

※記事初出時、キャプションに誤りがありました。お詫びして訂正致します。

さくら学院のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 さくら学院 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。