くるり主催のオンライン「京都音博」にどこでもなんでも演奏する岸田繁楽団が登場

162

9月20日にオンライン形式で開催されるイベント「京都音楽博覧会2020」に主催のくるりのほか、岸田繁楽団が出演することが発表された。

「京都音楽博覧会2020」ロゴ

「京都音楽博覧会2020」ロゴ

大きなサイズで見る(全2件)

「京都音楽博覧会」はくるりが2007年にスタートさせたイベント。14回目となる今年は新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、初の配信形式で行われる。岸田繁楽団は街のどこかに現れ、楽譜を楽団員に配り、「せーの」でいろいろな音楽をにぎやかに演奏する楽団。そこで生まれた気持ちや力、発見を世界中の人々に届けながら、のらりくらりと活動していくとのことで、プロフィールには“誰でも入れる楽団”“どこでも演奏する楽団”“なんでも演奏する楽団”と記載されている。初の演奏会となる「京都音博 2020」では楽団員とゲストシンガーがさまざまな楽曲を披露する。

イベントの視聴チケットは本日8月15日よりイープラスで販売されている。またクラウドファンディングの受付もREADYFORでスタートした。

この記事の画像(全2件)

京都音楽博覧会2020

配信日時:2020年9月20日(日)19:00~
<出演者>
くるり / 岸田繁楽団

全文を表示

関連記事

くるりのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 くるり の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。