香取慎吾主演×三谷幸喜脚本ドラマで稲垣吾郎が7年ぶり共演「面白かったし嬉しかった」

1394

香取慎吾が主演し、三谷幸喜が脚本と演出を手がけるAmazon Prime Videoの新ドラマシリーズ「誰かが、見ている」に、稲垣吾郎の出演が決定した。

左から稲垣吾郎演じるレッツ大納言、香取慎吾演じる舎人真一。

左から稲垣吾郎演じるレッツ大納言、香取慎吾演じる舎人真一。

大きなサイズで見る(全2件)

「誰かが、見ている」は何をやっても失敗ばかりで予想もしない失敗を繰り返す主人公の舎人真一と、その周りの人々のドタバタを描くシチュエーションコメディ。稲垣はこの作品で、日本だけでなく海外にもファンがいる演歌界の大スター“レッツ大納言”を演じる。偶然舎人のファンになってしまったレッツが本人に会いたい一心で舎人を訪ねてくるところから、物語はさらに予想外の方向へ向かっていく。

稲垣吾郎演じるレッツ大納言。

稲垣吾郎演じるレッツ大納言。[拡大]

香取と稲垣が役者として共演するのは、2013年に同じく三谷が脚本と演出を手がけたテレビドラマ「『古畑 VS SMAP』その後…」以来7年ぶり。香取は「吾郎ちゃんと一緒にセリフを言い合う芝居は、ほぼ初めてに近かったのですごく新鮮でしたね」、稲垣は「いつも隣にいて、歌ったり踊ったりしているときの彼とは違うので、面白かったし、嬉しかったです」とそれぞれの印象を語った。

また共演をそばで見届けた、風変わりな隣人・粕谷次郎を演じる佐藤二朗は2人の演技を「おそらく外からでは想像もつかないような強い絆や、ご両人だけの長い歴史があると思います。『ああ、二人の掛け合いがこんな近くで見られるなんてラッキーだな』と感じていました」と印象を明かしている。

この記事の画像(全2件)

香取慎吾のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 香取慎吾 / 稲垣吾郎 / 新しい地図 / 三谷幸喜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。