鈴木常吉が食道がんのため死去

36

1075

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 128 83
  • 864 シェア

鈴木常吉が7月6日に食道がんのため65歳で死去した。

鈴木常吉

鈴木常吉

大きなサイズで見る

所属事務所によると鈴木は昨年食道がんであることが発覚し、治療に専念していたとのこと。家族葬はすでに執り行われ、お別れ会の開催などは現在予定されていない。

鈴木はロックバンド・セメントミキサーズのボーカリスト兼ギタリストとして音楽活動を開始し、1989年にはTBSにて放送されていた音楽番組「三宅裕司のいかすバンド天国」に出演。1990年にはアルバム「笑う身体」でメジャーデビューを果たした。バンド解散後はソロで音楽活動を続け、2009年より放送のテレビドラマ「深夜食堂」では「思ひで」がオープニングテーマとして使用され話題を呼んだ。また近年は映画「オーバー・フェンス」「夜明け」にキャストとして出演するなど、俳優としての活動も行っていた。

読者の反応

J_ROCKNews @J_ROCKNews

鈴木常吉が食道がんのため死去 https://t.co/oD5yD7IODS

コメントを読む(36件)

鈴木常吉のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 鈴木常吉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。