今晩「M 愛すべき人がいて」放送再開、SNS反響受け大胆改変された台本に安斉かれん「マジヤバ」

266

本日6月13日(土)にテレビ朝日の土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」が放送再開。先日行われたリモート会見にキャストの安斉かれん三浦翔平白濱亜嵐GENERATIONS from EXILE TRIBE)、田中みな実、脚本を手がける鈴木おさむが登壇した。

左から白濱亜嵐、安斉かれん、三浦翔平、田中みな実。

左から白濱亜嵐、安斉かれん、三浦翔平、田中みな実。

大きなサイズで見る(全17件)

「M 愛すべき人がいて」第4話より。

「M 愛すべき人がいて」第4話より。[拡大]

「M 愛すべき人がいて」は浜崎あゆみの告白小説を原作に、のちに“平成の歌姫”と呼ばれる女性・アユの物語を描いたドラマ。新型コロナウイルス感染拡大の影響により放送が中断していたが、第4話の放送が決定したことを記念してリモート会見が開かれた。登壇者たちは広いスタジオ内にソーシャルディスタンスの距離を保って登場。放送にかける意気込みやSNSを中心に話題沸騰中の本作について和気あいあいと語った。

「M 愛すべき人がいて」第4話より。

「M 愛すべき人がいて」第4話より。[拡大]

司会の弘中綾香アナウンサーから現場の様子を聞かれた三浦は「安斉さんがいると明るくなります」と回答。白濱も「今はマジメぶってるけど……にぎやかですね(笑)」とそれに同意した。すかさず田中は「(安斉が)『すご』『マジ』『ヤバ』って、2文字以上発しているところを見たことがないんです。それがみんなに移っていて、最近は三浦さんも『ヤバ』って(笑)」と現場で若者言葉が流行していると暴露。それを聞いた安斉は「ヤバいっす(笑)」とつぶやくと会場は笑いに包まれた。その後、今後の展開を2文字で教えてほしいというリクエストを受けた安斉は「マジヤバ」とコメント。共演者たちから「それ4文字だよ」と総ツッコミを受けた。

「M 愛すべき人がいて」第4話より。

「M 愛すべき人がいて」第4話より。[拡大]

鈴木は撮影が中断している間にSNSの評判を参考に台本を大幅に修正したことを告白。「普通“決定稿”って変わらないんですけど、さらにいろいろ激しく、かなりエキサイティングに修正しました。4話はもともとかなりぶっ飛んでいるんですが、それ以降はさらに激しくなっていきます。全員のセリフを激しくし過ぎてしまって……」と笑った。

「M 愛すべき人がいて」第4話より。

「M 愛すべき人がいて」第4話より。[拡大]

また本日放送の第4話について安斉は「第4話はマサとアユの関係も少し変わっていくので注目していただきたいです。あと礼香さんの眼帯の真相が明らかになります! 撮影休止中に、鈴木おさむさんが脚本を書き足してくださったんですが、私のセリフもすごくなっていました」と笑い、白濱は「流川もマサさんのただの部下でなく、ライバルとして動いていきます。単なる右腕じゃなくなるので、それも楽しみですね。流川がプロデュースするAXELSとアユの戦いの部分も描かれますので、ぜひ楽しみにしていてください」とそれぞれ見どころを語った。

テレビ朝日系「M 愛すべき人がいて」第4話

2020年6月13日(土)23:15~24:05

この記事の画像・動画(全17件)

関連記事

安斉かれんのほかの記事

リンク