「小説 トリッパー」25周年記念号に尾崎世界観と松井玲奈の短編小説

203

6月18日に刊行される文芸誌「小説 トリッパー 2020年夏季号」に、尾崎世界観(クリープハイプ)と松井玲奈の小説が掲載される。

「小説 トリッパー 2020年夏季号」表紙

「小説 トリッパー 2020年夏季号」表紙

大きなサイズで見る

通巻100号となる「2020年夏季号」は同誌の創刊25周年記念として刊行されるもので、恩田陸、角田光代、金原ひとみ、三浦しをん、森絵都といった25人の書き手が短編小説を寄稿。尾崎は「サクラ」、松井は「家族写真」と題した小説を執筆した。同誌には短編小説のほか、高橋源一郎による評論「コロナの時代を生きるには」、こうの史代によるオリジナルマンガ「アマビヱさん」といったコンテンツも掲載される。

「小説 トリッパー 2020年夏季号」掲載小説

・阿部和重 AHOyH
・磯崎憲一郎 新元号二年、四月
・小川哲 あんなカレーに……
・尾崎世界観 サクラ
・恩田陸 悪い春 202X
・角田光代 ポケットのなか
・片岡義男 今日この頃です
・金原ひとみ #コロナウ
・川上弘美 泣くのにいちばんいい時間
・河崎秋子 洞ばなし
・木下昌輝 おとぎ輪廻
・櫻木みわ しおかぜ
・島本理生 通話時間4時間49分3秒
・新庄耕 終電過ぎのシンデレラ
・高山羽根子 旅の熱
・月村了衛 非美人
・津村記久子 水曜日の山
・早見和真 それからの家族
・東山彰良 イッツ・プリティ・ニューヨーク
・藤野可織 なにも持っていない右腕
・星野智幸 ディア・プルーデンス
・町屋良平 四半世紀ノスタルジー
松井玲奈 家族写真
・三浦しをん 魚の記憶
・森絵都 太陽

※河崎秋子の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。

クリープハイプのほかの記事

リンク