坂本真綾ら参加の冨田ラボ新曲がJ-WAVEでOA継続、医療従事者への支援募る

616

冨田ラボの新曲「MAP for LOVE」が5月12日までJ-WAVEでオンエアされる。

冨田ラボ

冨田ラボ

大きなサイズで見る(全10件)

「MAP for LOVE」はJ-WAVEのプロジェクト「#音楽を止めるな」の一環として制作された楽曲。冨田恵一が作曲・編曲を務め、作詞を角田隆太(ものんくる)、ラップパートをRyohuKANDYTOWN)が担当。長塚健斗(WONK)、坂本真綾、長岡亮介(ペトロールズ)、Nazbird藤原さくら堀込泰行、吉田沙良(ものんくる)、Ryohu(KANDYTOWN)がボーカルで参加している。各アーティストのボーカルデータを受け取った冨田が自宅スタジオで数日間で完成させ、5月6日のJ-WAVE特番「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL #音楽を止めるな ~STAY HOME FESTIVAL~」内で披露された。この曲は当初特番内のみでの放送を予定していたが、好評を受け5月12日まで継続してオンエアされることになった。また特番は現在radikoのタイムフリー機能で視聴できる。

なお「#音楽を止めるな」プロジェクトの公式ページでは、本企画の賛同者による医療従事者への支援を5月13日まで受け付けているので併せてチェックしよう。

この記事の画像(全10件)

冨田恵一のほかの記事

リンク