さくらしめじ、世界イチHAPPYな“画面越しの卒業式”で高校卒業「僕らには明日がある」

913

さくらしめじが昨日3月30日、都内某所より「さくらしめじ祝5周年企画 これじゃ終われない弾! さくらしめじがこのままだと留年!? そりゃ困る! 世界イチHAPPYな卒業式! やりまーーーす!!!」を配信した。

さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)

さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)

大きなサイズで見る(全13件)

卒業証書を受ける田中雅功。(撮影:鈴木友莉)

卒業証書を受ける田中雅功。(撮影:鈴木友莉)

さくらしめじは当初、3月30日に東京・LINE CUBE SHIBUYAで結成5周年企画を締めくくる“高校卒業ライブ”「さくらしめじが高校卒業するってよ!世界イチHAPPYな卒業式! ハッピー! ハピネス!! ハピネスト!!!」を開催予定だった。しかしながら、このライブが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止に。一時は“留年”の危機を迎えた2人だったが、生配信ライブという形できのこりあん(さくらしめじファンの呼称)と高校生活最後のひとときを共有することになった。

卒業証書を受ける高田彪我。(撮影:鈴木友莉)

卒業証書を受ける高田彪我。(撮影:鈴木友莉)

“2人だけの卒業式”のために用意された舞台は、都内某所にある小学校の体育館。配信スタートの18:30を迎えると、司会の「卒業生入場」の声を合図に田中雅功と高田彪我が館内へ姿を見せた。2人が着用したブレザーは、雅功と彪我が実際に通っていた学校のブレザーに「さくらしめじが高校卒業するってよ!世界イチHAPPYな卒業式! ハッピー! ハピネス!! ハピネスト!!!」のグッズとして製作された第2ボタンを付けたもの。2人が真剣な表情を崩さず席につくと、式は「卒業証書授与式」へと進む。

「合言葉」の合唱の様子。(撮影:鈴木友莉)

「合言葉」の合唱の様子。(撮影:鈴木友莉)

「高田彪我」という点呼に「はい!!」と思い切り応えた彪我、右手右足、左手左足を一緒に前に出す“緊張ぶり”をのぞかせた雅功は順に壇上に上がり、株式会社SDRから贈られた卒業証書を粛々と受け取った。続く「卒業生の言葉」では息ぴったりに作文を叫んだ2人。「台風と一緒に楽しんだ『真夏の星空ピクニック』! リハの時点でびしょ濡れでした!」「青春とは何か考えた『ドッ!菌!青春18本ツアー』! 青春に終わりがないことを知りました!」と、さくらしめじがこの3年の間に経験した濃密なトピックを次々に積み重ねた。司会が「合唱」と告げると、彪我がキーボードの前に座り、雅功はその横へ。彪我の伴奏で「合言葉」を披露するという卒業式ならではの編成で視聴者を楽しませ、2人はめいっぱいの大きな歌声を響かせていた。

田中雅功(撮影:鈴木友莉)

田中雅功(撮影:鈴木友莉)

そして、卒業式の後半には体育館の真ん中をステージにした弾き語りライブが展開された。雅功の思い切りのいいストロークを合図に「青春の唄」を弾きだした2人は、希望に満ちた思いを歌うこの歌を晴れやかな表情で歌い届ける。さわやかなハーモニーが心地よいポップチューン「ふうせんはなび」はこの日のための「卒業式Ver.」として披露され、2人は「“しめじの配信観ようよ”クラスのみんなで」「パッと咲いた“桜”君の横で」と歌詞を歌い替えてきのこりあんの驚きを誘っていた。

高田彪我(撮影:鈴木友莉)

高田彪我(撮影:鈴木友莉)

「みんなと早く会いたいな」という特別なメッセージで「ふうせんはなび」を歌い終えると「だるまさんがころんだ」へ。2人はゆったりとリズムに乗ってノスタルジックなムードを醸し出し、「かぜいろのめろでぃー」ではセンチメンタルにメロディラインを歌い上げる雅功のボーカルと、そこに乗る彪我のクリアな歌声が心地よく体育館に響き渡った。ここで雅功と彪我はMCの時間を取り、彪我は「ライブが中止になってしまった中でも何かできることはないか考えた結果、生配信をすることになりました。こういう形でも皆さんのところに歌を届けられるのは、本当にうれしいことだなと思います」と語る。雅功は「正直悔しくて、ライブやりたかった」と本音を漏らしながらも「そんなときに皆さんがコメントや手紙を送ってくださると、がんばろうっていう気持ちになります。ありがとうございます。(5周年企画の)5つ目はみんなで達成できなかったけど、まだまだ5周年。次は6周年だし、10周年20周年……僕たちには明日がありますので、これからもみんなと楽しい日々を一緒に作り上げていけたらなと思っております。どうぞよろしくお願いします!」と力強く語った。

さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)

さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)

彪我の「今を大切にしたいという思いを込めて」という言葉と共に届けられたのは「風とあるがままに今を歩こう」。最新アルバム「改めまして、さくらしめじと申します。」に収録されたこの曲でさくらしめじの今の思いを歌に乗せると、最後には「イントロダクション」がプレイされた。お互いに目を合わせて呼吸を揃え、繊細なタッチでギターを爪弾いた雅功と彪我。カメラの向こう側へ向けてまっすぐなユニゾンを届けた2人は深く一礼をして配信ライブを終えた。

さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)

さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)

2人が姿を消すと、きのこりあんからは「アンコール!」という無数のコメントが。さくらしめじはこれを受けて配信を再開させ、ラストソングとして「合言葉」を歌い上げた。ファンからの声に、雅功は「みんなでライブを作っている感じがしてうれしい」と笑顔。彪我は「(配信ライブは)僕らの成長の一環でもあるからね。これからも成長していかなきゃいけないなって思います」と続く。そして雅功は「僕らいつまでも青春の第1歩を歩んでいきますので、皆さんも付いて来てください!」ときのこりあんへ語りかけ、“世界イチHAPPYな卒業式”を結んだ。

さくらしめじ「さくらしめじ祝5周年企画 これじゃ終われない弾! さくらしめじがこのままだと留年!? そりゃ困る! 世界イチHAPPYな卒業式! やりまーーーす!!!」2020年3月30日 式次第

・卒業証書授与式
・卒業生の言葉
・合唱「合言葉」
・しめじ体操
・弾き語りライブ
01. 青春の唄
02. ふうせんはなび
03. だるまさんがころんだ
04. かぜいろのめろでぃー
05. 風とあるがままに今を歩こう
06. イントロダクション
<アンコール>
07. 合言葉

※高田彪我の高ははしごだかが正式表記。

この記事の画像(全13件)

リンク

関連商品