音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

大黒摩季、子宮腺筋症治療のためアーティスト活動休止

50

大黒摩季が病気治療のため、開催中のツアー終了後の10月よりアーティスト活動を休止することを発表した。

1996年末に子宮疾患を発症して以降、これまで治療と並行して音楽活動を展開していた大黒だったが、近年病気が進行。集中して治療する必要が出てきたため、やむなく活動休止を決断したという。

病名は重度の子宮腺筋症。妊娠が病気を抑える処方であるため、治療と並行して体外受精も行っていたが、ハードな仕事のため流産を繰り返し、現在は妊娠よりも病気の進行が早く、活動に支障が出るため治療に専念することを明らかにしている。

なお、大黒本人は今回の発表に至った経緯について、「社会人として色々とお仕事のオファーを下さる方々へも、すべてはお仕事自体の内容如何ではなく已む無くお断りせねばならぬ事情をきちんとお知らせするべきと思いましたし、そして何より私がこの現状をお知らせすることで同じ病気をもち、一人で悩み苦しんでいる女性の皆さんの励みになって頂ければとも思い『すっぴん』公表いたしました(^。-)/」と説明。また、休養期間を有意義に過ごし、その経験を通じて生まれる作品を携えて活動再開することをファンに約束している。

音楽ナタリーをフォロー