音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

岩田剛典&賀来賢人「AI崩壊」インドア部、大沢たかおとの食事で一般客と相席に

1765

左から岩田剛典、大沢たかお、賀来賢人。

左から岩田剛典、大沢たかお、賀来賢人。

本日1月31日に東京・新宿ピカデリーで映画「AI崩壊」の初日舞台挨拶が行われ、キャストの大沢たかお賀来賢人岩田剛典三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEEXILE)、広瀬アリス、監督の入江悠が登壇した。

「AI崩壊」は入江がオリジナル脚本で描くサスペンス。今から2030年の日本が舞台で、医療AI「のぞみ」を生み出した天才科学者・桐生浩介を主人公に、突如暴走を始めた「のぞみ」が人間の生きる価値を選別し始め、日本全土が未曾有の混乱に陥る様が描かれる。キャストと監督は客席を通ってステージに登場。大沢、賀来に続いて岩田が挨拶をしようと「本日は……」としゃべり始めるもマイクが機能しないというトラブルが発生し、会場には笑いがこぼれる。大沢から渡されたマイクで岩田は「マイクが入っていませんでした(笑)。すみません。これだけ制作陣の熱量や夢が詰まった作品はないと思います。今日が来るのを本当に楽しみにしていました」と初日を迎えた喜びを語った。

舞台挨拶は映画のメイキング写真などをスクリーンで紹介しながら進行。大沢が全力で町中を逃走するシーンが多い一方で、役柄上あまり走ることがなかったという賀来は「僕は走らなかったので申し訳なさがあって……台本上知っていたんですが、完成した作品を観てこんなに走ったんだと思いました。それがこの作品のリアリティを物語っていました」と語る。岩田は「僕と賀来くんは『AI崩壊』インドア部だったので(笑)。僕に至っては走るどころかあまり歩いてすらいない役柄で。完成したものを観て静と動のコントラストというか、迫力にびっくりしました」とユーモアたっぷりに述べた。広瀬から「大沢さんは本当に走るのが速い」と言われた大沢は「バスケをやっていたので速いんですよね」と足の速さには自信があった様子で、「この作品はみんなが手を抜かずにカメラマンも本気で走ってきて、広瀬さんからも必死で逃げていたので走りすぎてしまったのかもしれないです」と語った。

舞台挨拶の後半で大沢が、岩田の「走るどころかあまり歩いてすらいない」という発言を受けて「僕はずっと走り続けてきたんですけど、2人はインドア部。賀来くんは57歩くらい歩いたかもしれないですけど、岩田くんはたぶん3歩くらいしか歩いてないですね。ここに差があるんですよね」とニヤリと笑う一幕も。その後、賀来は大沢から食事に誘ってもらったエピソードを明かして「まとめてくださるというか包容力のある兄貴ですね」と大沢を紹介し、共に誘われた岩田も「そのごはんがまたおいしいんですよ。骨が付いた塊肉のお店に連れて行ってくれて。現場にいるときもそうなんですけど、キャストもスタッフも分け隔てなくコミュニケーションを取って現場の士気を底上げしてくださる方です」と大沢について語った。大沢は「2人が映画の宣伝について1回お話をしたいと言ってくれたのがうれしくて。映画に対する思いをその食事の場で聞いて感動したんです。でもちょっとお店の(予約の)取り方を間違えて、個室じゃなくて団体客と相席になってしまって。2人には申し訳なかったです」と3人での食事の際の珍エピソードを披露。岩田は「そんなことないですよ! でも大沢さんが入ってこられたときに『大沢さん、ここで合っていますか?』という感じでした」と笑った。

舞台挨拶の最後に大沢は「2年前の12月から撮影をして、宣伝やら何やらで今日まで僕らはこの作品のためにベストを尽くしてやってきました。映画が始まったら僕らがやれることはないので、あとは皆さんが観て、感じて、何かを持ち帰っていただけたら幸せに思います。そしてもしすごく気に入っていただいけたらSNSに書いていただいたり、お友達に伝えていただけると、僕らも映画自身もうれしいと思います」と来場者にメッセージを送った。

(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー