音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

岩田剛典が同世代・賀来賢人との共演に喜び、天才役は「七三分けに助けられました」

5543

左から賀来賢人、大沢たかお、岩田剛典。

左から賀来賢人、大沢たかお、岩田剛典。

本日12月17日に東京・品川プリンスホテルで映画「AI崩壊」の完成報告会見が行われ、キャストの大沢たかお賀来賢人広瀬アリス岩田剛典三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEEXILE)、三浦友和、監督の入江悠が登壇した。

「AI崩壊」は入江がAI(人工知能)をテーマにしたオリジナル脚本を制作し、監督したサスペンス。2030年の日本が舞台で、医療AI「のぞみ」を生み出した天才科学者・桐生浩介を主人公に、突如暴走を始めた「のぞみ」が人間の生きる価値を選別し始め、日本全土が未曾有の混乱に陥るさまが描かれる。

完全オリジナル作品かつ壮大なスケジュールで描かれる本作について大沢は「自分が出ていて言うのもなんですが、息もつけないぐらいハラハラ、ドキドキで進んでいってこの映画がどうなるのか予想が付かないなと感じました。ものすごいスケールとエネルギーが2時間押し寄せてくる。日本映画でこんなことはひさびさに体験できました」と映画を観た感想を述べる。賀来も「台本の字面だけだと想像できないことがたくさんあって、試写で観てみたら1つの作品として客観的にすごく面白い作品になったと思いました。試写が終わって興奮気味のまま監督や大沢さんとしゃべったことを覚えています」と語り、岩田も「初号を観せていただいてすごい映画ができてしまったと思いました。自分は理事官の役で捜査室でのシーンが多かったので、大沢さんが逃走劇ですごいアクションをしているのを見て申し訳ない気持ちでした(笑)」と全国各地で撮影された本作について話した。

サイバー犯罪対策課を指揮する警察庁の理事官・桜庭誠を演じたことについて岩田は、「年齢的なところも含めて警察庁の理事官は難しいと思ったんですが、クランクインする前に監督に桜庭のプロフィールを送ってもらって説明を受けたらとんでもない天才の役で。『天才ってどんな感じなんだろう?』と監督とディスカッションをしながら役を作っていきました。紺色のスーツとピッシリ分けた七三分けに助けられた部分があったと思います」と笑う。また岩田と同い年の賀来は岩田の印象について「同い年なのにこうも違うんだって、ちょっとヘコみましたね……考え方とか……でも同い年が同じ現場になることは少ないので、うれしかったしがんばろうという気持ちになりました」とコメント。岩田は「いやいや」と謙遜しながら「僕も同じ思いです。同世代として映画を一緒に作れたのがものすごくうれしかったです。共演シーンはそんなに多くはなかったんですが、楽屋でいろんなお話ができていい時間でした」と同い年の俳優との初共演を喜んだ。

(c)2019 映画「AI崩壊」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー