音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

クレイジーケンバンド、映画「嘘八百」に派手でスウィンドルな匂いの新曲提供

1385

クレイジーケンバンド

クレイジーケンバンド

中井貴一佐々木蔵之介が主演を務める映画「嘘八百 京町ロワイヤル」の主題歌を、クレイジーケンバンドが担当することが発表された。

2020年1月31日に全国公開される「嘘八百 京町ロワイヤル」は、2018年公開の映画「嘘八百」の第2弾作品。京都で再開を果たした中井演じる古物商の則夫と佐々木演じる陶芸家の佐輔は、広末涼子演じる着物美人の志野にほだされて幻の茶器にまつわる人助けに乗り出すが、その人助けは大騒動へと発展していく。

クレイジーケンバンドはこの作品に新曲「門松」を書き下ろした。横山剣はこの曲について「意味はどうあれ、『骨董』『京都』『嘘八百』と聞いて直感的に浮かんだのが、映画とは全く関係のないイタリーのヴィンテージカーとその周辺でした。で、音楽的には派手でスウィンドルな匂いのビッグバンドジャズ風だったりしたのですが、パイロット版を見させて戴いたときに『ばっちりハマる!』って予感がありました」とコメント。さらに「実際に当ててみて僕は『イイネ!』ってなりましたけど、皆さまはいかがだったでしょう。心配です」と思いを語っている。

(c)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー