ACOが全曲英詞のカバーアルバム発売、先行配信はチェット・ベイカー

145

ACOが11月27日にカバーアルバム「SING SING SING」をリリースする。

ACO

ACO

大きなサイズで見る(全3件)

ACO「SING SING SING」ジャケット

ACO「SING SING SING」ジャケット[拡大]

SING SING SING

ACO「SING SING SING」
Amazon.co.jp

ACOは「SING SING SING」で、自身初となる全曲英詞での歌唱に挑戦。アルバムには9月に配信リリースされたビリー・アイリッシュ「bury a friend」のカバーに加え、サム・スミスの「I'm Not The Only One」、フランク・シナトラの「My Funny Valentine」など全6曲のカバー音源が収録される。また今作のレコーディングには、中尾憲太郎(B / NUMBER GIRLCrypt City)、柏倉隆史(Dr / toethe HIATUS)、別所和洋(Key / Gentle Forest Jazz Band)、坂田明(Sax)が参加している。

ACO「I've never been in love before」配信ジャケット

ACO「I've never been in love before」配信ジャケット[拡大]

またアルバムの発売に先駆けて本日10月4日にチェット・ベイカー「I've never been in love before」のカバーが先行配信リリースされた。ACOはこの楽曲について、「この曲をチェットベイカーのように甘く歌うことはできません。雰囲気を醸し出す事も難しい。人生が声に溶けて歌になる。歌詞はなんとも悲しい内容です。悲しみが燃えて嘆いている」「これから出るアルバム『SING SING SING』にとっても主軸になる曲です」とコメントしている。

この記事の画像(全3件)

ACO コメント

この曲をチェットベイカーのように甘く歌うことはできません。雰囲気を醸し出す事も難しい。人生が声に溶けて歌になる。歌詞はなんとも悲しい内容です。悲しみが燃えて嘆いている。映画"ブルーに生まれついて"でイーサンホークはとっても素敵にこの曲を表現されています。私にとってとても重要な曲です。これから出るアルバム「SING SING SING」にとっても主軸になる曲です。

ACO「SING SING SING」収録曲

01. Feeling Good(オリジナル:ニーナ・シモン)
02. Valerie(オリジナル:エイミー・ワインハウス)
03. I've never been in love before(オリジナル:チェット・ベイカー)
04. bury a friend(オリジナル:ビリー・アイリッシュ)
05. I'm Not The Only One(オリジナル:サム・スミス)
06. My Funny Valentine(オリジナル:フランク・シナトラ)

全文を表示

関連記事

ACOのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ACO / NUMBER GIRL / Crypt City / toe / the HIATUS / Gentle Forest Jazz Band / 坂田明 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。