音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

家入レオ×SCANDAL×吉田凜音、新ライブハウス開店をライブでお祝い

1280

「Colourful Records presents "Match Up" Day1」の様子。(撮影:田中聖太郎)

「Colourful Records presents "Match Up" Day1」の様子。(撮影:田中聖太郎)

ビクターエンタテインメントが運営する新たなライブ&カフェスペース・Veats Shibuyaが東京・渋谷にオープンし、そのオープニングイベント「Veats Shibuya OPENING EVENT」がスタート。初日の昨日9月20日はカラフルレコーズに所属の家入レオSCANDAL吉田凜音の3組が出演する「Colourful Records presents "Match Up" Day1」が行われた。

「Veats Shibuya」のロゴが映し出されたステージ正面、フローリングが広がるフロアには3組の初競演を見届けようと大勢の観客が詰めかけた。定刻になりDJ Yackleがハイテンポなトラックを流し始めると、オープニングアクトの吉田凜音が登場。場内に設置された70基以上もの鮮やかなLED照明がステージを彩る中、「Ride On Turtle」でライブをスタートさせ、ダイナミックなラップパフォーマンスを繰り広げた。繊細な歌声を乗せたメロウなチューン「サイダー」、軽快なダンスとラップでキュートな世界観を表現した「KITTY」を畳みかけたあと、吉田はオープンのお祝いの言葉と共に「ここ(Veats Shibuyaの舞台)に立つ記念すべき1人目になれてうれしく思っています」と語った。そして「パーティーアップ」で観客と何度もコールアンドレスポンスを交わし、会場全体を熱く盛り上げた。

続いて大きな歓声を浴びながらSCANDALが颯爽と登場。RINA(Dr, Vo)のカウントを合図に重厚なリフを鳴らし始め「マスターピース」でライブをスタートさせた。1曲目からHARUNA(Vo, G)の力強い歌声と疾走感あふれる演奏で観客を圧倒した4人は、まばゆいライティングの中パワフルな楽曲を次々と披露し、「窓を開けたら」ではセンチメンタルなムードで会場を包み込み緩急あるパフォーマンスを展開した。中盤ではRINAが今回の対バン相手である吉田と家入とのエピソードを語ったあと、HARUNAは「2人と競演できてめちゃめちゃうれしい。私たちもすごくテンションが上がってるので、皆さん今日は楽しんで」と告げた。

ライブの後半では、8月に配信リリースされた「Fuzzy」でMAMI(G, Vo)が伸びやかなギターソロを響かせ、ダンサブルなサウンドで観客を沸かせた。また「テイクミーアウト」ではTOMOMI(B, Vo)がステージ中央のお立ち台に飛び乗り、圧巻のベースプレイを披露した。そして4人は、HARUNAの「もっともっと、熱いものを見せてくれる?」というアジテートを合図に「エレクトリックガール」で勢いを加速させたあと、ラストナンバー「Image」に突入。オーディエンスの熱が高まる中、ステージ中央に立つHARUNAにMAMIとTOMOMIが両側から接近しHARUNAを至近距離で見つめながら演奏する場面も。最後にTOMOMIの「最高だったよ! また明日からもがんばろうぜ!」という言葉でパフォーマンスを終えた4人は、大きな拍手と歓声を浴びながらステージをあとにした。

Veats Shibuyaのこけら落とし公演のトリを務めた家入レオは、パンツルックのラフなスタイルでステージへ。バンドの演奏をバックに現れると、まずはハンドマイクで「Bless You」を鬼気迫る表情を浮かべ、激しい声で歌い上げる。家入が「Veatsにお越しの皆さん、今日は最高の夜にしていきましょう!」と呼びかけたのちに歌唱したのは「Shine」。今度は柔らかな声で会場を満たし、先ほどまでとは異なる表情を見せた。

「ライブハウスで歌うのはひさしぶりなので、めちゃくちゃ楽しみにしてきました!」と家入はうれしそうに語り、自身が所属するビクター運営のライブハウスのこけら落とし公演に出演する喜びを明かす。そして今度はアコギをつま弾き、儚げな声で「君がくれた夏」を披露した。「もし君を許せたら」で張り詰めた空気を作り出したあと、彼女はアクセルを踏み込むように「Spark」や「Overflow」などアグレッシブなロックチューンを髪を振り乱しながら絶唱。「ファンタジー」では「もっと!」と観客を何度も煽り、フロアの熱気をさらに高めた。本編の最後にパフォーマンスした「僕たちの未来」ではファンの大合唱に耳を澄ませ、泣きそうな表情になる場面も。クライマックスで伸びやかなロングトーンを聴かせフロアを包み込んだ。さらにアンコールではVeats Shibuyaの門出を祝うように、自身のデビュー曲「サブリナ」を届けてイベントを締めくくった。

なお、昨日の公演のセットリストをもとにしたプレイリストが各ストリーミングサービスにて配信中なのでチェックしてみよう。

「Colourful Records presents "Match Up" Day1」2019年9月20日 Veats Shibuya セットリスト

吉田凜音

01. Ride On Turtle~サイダー~KITTY
02. パーティーアップ

SCANDAL

01. マスターピース
02. 恋するユニバース
03. STANDARD
04. 瞬間センチメンタル
05. 窓を開けたら
06. Fuzzy
07. OVER
08. テイクミーアウト
09. エレクトリックガール
10. Image

家入レオ

01. Bless You
02. Shine
03. 君がくれた夏
04. もし君を許せたら
05. Spark
06. Overflow
07. ファンタジー
08. 僕たちの未来
<アンコール>
09. サブリナ

音楽ナタリーをフォロー