音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

WANIMA凱旋野外ライブ「天草の乱」開催、観客1万5000人に語った地元への思い

720

「WANIMA Good Job!! Release Party “WANIMA 天草の乱~『崎津集落』世界遺産登録1周年~”」の様子。(撮影:瀧本JON...行秀)

「WANIMA Good Job!! Release Party “WANIMA 天草の乱~『崎津集落』世界遺産登録1周年~”」の様子。(撮影:瀧本JON...行秀)

WANIMAが7月6日に熊本・本渡港大矢崎緑地公園 特設会場にて野外ライブ「WANIMA Good Job!! Release Party “WANIMA 天草の乱~『崎津集落』世界遺産登録1周年~”」を開催した。

「WANIMA 天草の乱」は7月17日に5thシングル「Summer Trap!!」がリリースされること、そして「天草の崎津集落」が世界遺産に登録されてから1周年を迎えることを記念して行われたライブ。KENTA(Vo , B)とKO-SHIN(G, Cho)の生まれ育った天草を舞台にした本公演では、ライブエリア外に地元の人々による催し物や出店を楽しめる「お祭り広場」が設けられた。九州地方は6月下旬から記録的な大雨に見舞われていたがこの日の天草は快晴に恵まれ、全国からも集まった老若男女約1万5000人が天草市全体を巻き込んだ一大イベントを楽しんだ。

おなじみの登場SE「JUICE UP!!のテーマ」が流れる中ステージに登場したWANIMAは、最初に「Good Job!!」の収録曲「アゲイン」をプレイ。「アゲイン」は学生時代に練習スタジオとして使用していた天草の「パチンコ大和」を訪れた3人が、古くなった建物を改修していくという内容のミュージックビデオが話題になった曲で、会場に「懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない」というラインがドラマティックに響きわたった。ライブ中盤にはアサヒ飲料「三ツ矢サイダー」のテレビCMソングであるさわやかなサマーチューン「夏のどこかへ」が披露され、3人の明るい表情に共鳴するかのように観客が合唱。途中、メンバー同士の軽快な掛け合いも繰り広げられた。

終始笑顔を絶やさず、いつになく前に出てギターを弾き倒すKO-SHIN、先日喉に不調をきたしたのが嘘のように伸びやかな歌声を披露するKENTA、MCで子連れを含む観客を笑いに巻き込んでいくFUJI(Dr, Cho)。3人はいつも以上に会場に一体感を生み出し、「渚の泡沫」「いいから」といった“エロカッコいい”曲も遠慮なくプレイして変わらぬWANIMAらしさを見せつける。「いいから」の「Hey Ho」というフレーズでは、曲に合わせて子供たちが飛び跳ねていた。

その後もWANIMAは間髪入れず次々に楽曲を演奏し、終盤には育ててくれた祖父が亡くなった際にKENTAが作った楽曲「1106」を披露する。「想うように歌えばいいと 思い通りにならない日を そう教えてくれたね」と歌ったKENTAは、「じいちゃん見てるかな。でも、見てたら怖いな!(笑)」とおどけた様子を見せつつ笑顔に。また観客に向かって、「正直、ここ天草にはあんまりいい思い出がなくて。18年をここで過ごしたけど、逃げるようにして東京に出ました。だけど、これまで出会ってきた人や、今日来てくれている媒体の人や、PIZZA OF DEATHの人にも『天草いいところだね』って言ってもらえて。天草を離れて初めて、天草のいいところがわかりました。今日天草に来てくれた人たちにもずっと歌い続けるし、これからもドーム、アリーナ、ライブハウスを貸し切って開催していきます。たくさんの人に歌を届けたい」と力強く語った。そして3拍子の雄大なリズムが印象的な「ANSWER」で本編のラストを飾った3人は、アンコールで「THANX」「BIG UP」「Hey Lady」の3曲をプレイ。大盛り上がりのうちに凱旋ライブの幕を閉じた。

WANIMA「WANIMA Good Job!! Release Party “WANIMA 天草の乱~『崎津集落』世界遺産登録1周年~”」2019年7月6日 本渡港大矢崎緑地公園 特設会場 セットリスト

01. アゲイン
02. OLE!!
03. つづくもの
04. 昨日の歌
05. やってみよう
06. ともに
07. オドルヨル
08. 夏のどこかへ
09. CHARM
10, りんどう
11. 渚の泡沫
12. いいから
13. シグナル
14. 1106
15. ANSWER
<アンコール>
16. THANX
17. BIG UP
18. Hey Lady

※「崎津集落」の崎はたつさきが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー