音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

コブクロ珠玉のカバーアルバム、40万枚限定リリース

78

コブクロが初のカバーアルバム「ALL COVERS BEST」を8月25日にリリースすることが決定した。

ストリートでライブ活動を行っていたデビュー前から、さまざまなアーティストの楽曲をカバーしていたコブクロ。彼らがライブツアーやテレビ番組などでカバーを披露するたび、ファンからリリースを熱望する声が寄せられていたが、ついにそのリクエストに応えたカバーアルバムが登場する。

アルバムには絢香「三日月」、尾崎豊「I LOVE YOU」、ユニコーン「Pink Prisoner」、小谷美紗子「こんな風にして終わるもの」などの邦楽ナンバーのほか、DEREK & THE DOMINOS「Layla(いとしのレイラ)」、RAMONES「California Sun」、スティーヴィー・ワンダー「Superstition」といった洋楽曲のカバーも収録。合計18~20曲が収められる予定だ。

今年は彼らが所属するワーナーミュージック・ジャパンの創立40周年。これにちなみ、アルバムは40万枚限定でリリースされる。限定盤A、Bそれぞれ20万枚ずつ制作され、限定盤Aには2体1セットのオリジナルフィギュア、限定盤Bには2枚1セットのオリジナルピックが付属する。どちらも予約数が上限に達し次第受付終了となるので、ファンは早めに予約を済ませておこう。予約受付は6月1日よりスタート。

「ALL COVERS BEST」収録予定曲

Layla(DEREK & THE DOMINOS)/ 三日月(絢香)/ I LOVE YOU(尾崎豊)/ 卒業写真(荒井由実/ハイ・ファイ・セット)/ もうひとつの土曜日(浜田省吾)/ ANSWER(槇原敬之)/ Pink Prisoner(ユニコーン)/ いつまでも変わらぬ愛を(織田哲郎)/ California Sun(RAMONES)/ 遠い恋のリフレイン(T-BOLAN)/ こんな風にして終わるもの(小谷美紗子)/ しあわせのランプ(玉置浩二)/ 運命船サラバ号出発(ザ・コブラツイスターズ)/ The Love We Make(SING LIKE TALKING)/ 気球に乗って(THE BOOM)/ Lovin' you(渡辺美里)/ Superstition(スティーヴィー・ワンダー)
※カッコ内はオリジナルアーティスト

コブクロ コメント

コブクロとして初めて、カバーアルバムを作っています。
幼い頃から聴いて育った、沢山の「歌」たちは、今も心の中に鳴っていて、記憶や景色と共に、その時々の自分を連れてきてくれます。
それぞれの好きだった歌には、こだわりも強く、こうして久しぶりに二人で歌ってみることで、コブクロの中に流れる「血管」が太くなるような、そんな感覚を覚えます。
小渕、黒田、まるで静脈と動脈のようなそれぞれの音楽性の違いも、体の中で流れる「音」として混じり合い、とても濃い内容に仕上がっています。
このアルバムで、懐かしくも新しいコブクロの音を感じてもらえたら、とても嬉しいです。

「I LOVE YOU」
尾崎豊さんという存在そのものが、それぞれの胸に、そしてコブクロの真ん中にあります。音楽性も生き様も、そのものがメッセージとして焼きついたまま、少しも色褪せない、特別なシンガー。その尖った部分とは裏腹なこの優しい歌が、二人とも大好きです。路上時代から歌い続け、昨年のツアーでもカバーし、今回アコースティックギターメインで収録しました。

「三日月」
デビュー曲「I believe 」で、絢香ちゃんの歌声を聴き、歌唱力に度肝を抜かれ、この「三日月」では、さらに歌詞の世界に二人とも引き込まれました。昨年のツアーでカバーしてみて、この曲の深みを強く感じ、収録を決めました。絢香ちゃんとは、何度も一緒に歌ってきました。その声を、一番近くで聴いてきた、僕等ならではのアプローチを目指しました。

「卒業写真」
この歌には、目を凝らしてもにじむようなセピア色の風景と、誰もがずっと心に抱くような鮮やかな記憶とが、連続して描かれているように思います。まさに、コブクロとして楽曲を書く時に、一番想う所であり、そういう意味では、教科書のような歌です。もう二度とこんな歌には出逢えないだろうし、自分でも作れない。そんな憧れも息づく楽曲です。アレンジも、限りなく原曲に忠実に、そこに少し、懐かしさをまぶしたような仕上がりにしました。

音楽ナタリーをフォロー