音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

超特急の成長を記録!冠バラエティ「ギラギラ超特急」スタート

4269

「ギラギラ超特急」メインビジュアル(c)SDR

「ギラギラ超特急」メインビジュアル(c)SDR

超特急の冠Web番組「ギラギラ超特急」が12月18日(火)よりスタートすることが発表された。

この番組は超特急がアーティストとしてのさらなる魅力を開花させるべく、さまざまなミッションに挑戦するもの。“ギラギラに輝き、野心に満ちたアーティストに成長してもらう”ための「超特急成長記録バラエティ」となっている。

番組は全12回で毎週火曜日更新。23:00から25:00の間にYahoo! JAPANアプリやYahoo! JAPANトップページで無料視聴できるほか、動画配信サービスのGYAO!でも無料配信される。

第1話の企画は「激おこドッキリ」で、メンバーはプロデューサーに激怒する山下真司からとばっちりを受けることに。最悪な空気の中で、6人は次々に山下からの無茶ぶりに応じることになる。ほかにもプロレスラーと対決したり、ロケバスに乗り遅れて現場に置いてけぼりにされたりと番組では次々に困難が起こるが、6人は互いに励まし合い、仲のよさを発揮しながら奮闘する。

番組スタートに際し、リョウガは「この番組は鍛える系というか、チャレンジ系の番組。でも、“どバラエティ”と見せかけて、意外と学びもあるという不思議な番組です。僕は人見知りなので、この『土足で人の領域に侵入してくる』ような番組はメンタル的にも鍛えられます」とコメント。タカシは「ステージの上でも番組映像の中でも『この人たち突き抜けてんな、ぶっ飛んでんな』と思われるような、ギラギラした超特急を目指していきたいです」と意気込みを語っている。

超特急 コメント

カイ

この番組は毎回、何が起こるか分からないところが怖いけど楽しみです。いろんなことに挑戦させてもらえる番組なので、超特急らしく真っ直ぐに取り組みながら、一皮も二皮もむければいいなと思います。超特急を知っている人も知らない人も、Yahoo! JAPANのトップページは多くの人が訪れる場所なので、超特急の名前が広がる機会になれば嬉しいです。頑張ります。

リョウガ

今まで超特急がやってきた番組は学ぶ系が多かったのに対して、この番組は鍛える系というか、チャレンジ系の番組。でも、“どバラエティ”と見せかけて、意外と学びもあるという不思議な番組です。僕は人見知りなので、この「土足で人の領域に侵入してくる」ような番組はメンタル的にも鍛えられます。ライブも生モノだから、この番組でとっさの判断力や適応力が鍛えられて、それがライブに活きればいいですね。

タクヤ

ヤフーの乗換案内やニュースや占いはよく使いますし、ヤフーショッピングで洋服も買います。そんな馴染みがあるヤフーの番組に僕らが出られるなんて信じられないし、楽しみでもあります。8号車(ファン)の皆さんもそうでない皆さんも、この番組で初めて超特急を目にする人たちも多いと思うので、そんな架け橋にヤフーがなってくれることがすごく嬉しいです。

ユーキ

超特急だけにヤフーの乗換案内アプリはよく使っています(笑)。そんなヤフーの番組に出られるというのは嬉しいこと。制作スタッフがバラエティの第一線でやっているプロ中のプロなので、そんな中で作るバラエティ番組というものを肌で感じながら、芸能界を生き抜く上でのスキルを身につけていきたいです。今後は顔面に生クリームとか、これぞバラエティという試練を人生で一回は経験してみたいです。

ユースケ

この番組は、収録時間は他の番組の半分くらいでコンパクトにやるんですが、メンタルや疲労は他の番組の倍以上、一日分疲れるくらい、驚きや充実感があります。今までやってきたバラエティよりも、いろんなものがいっぱい詰まっている、密度が高い番組です。バラエティってどうしても笑いに持っていきがちですが、観ている人がちょっと感動しちゃうような、ギラギラさせちゃう超特急の番組にしたい。

タカシ

この番組でしか見られない超特急の個性を出していきたい。ライブでもバラエティでも輝ける、ステージの上でも番組映像の中でも「この人たち突き抜けてんな、ぶっ飛んでんな」と思われるような、ギラギラした超特急を目指していきたいです。バラエティの第一線でやっておられる諸先輩方へのリスペクトを込めて、体を張っていきます。ちょっとムリ目の試練でも、恥ずかしがったり躊躇するのじゃなく、全力で取り組んでいきたい。

「ギラギラ超特急」

初回配信日:2018年12月18日(火)~
※毎週火曜日更新
※火曜23:00~25:00の間にYahoo! JAPANアプリ、Yahoo! JAPANトップページで視聴可能
※同内容をGYAO!にて配信

音楽ナタリーをフォロー