BiSHアユニ・DソロプロジェクトPEDROが初ライブ、田渕ひさ子迎え「透明少女」カバー

1005

BiSHのアユニ・Dによるソロプロジェクト・PEDROが、昨日9月25日に東京・新代田FEVERで初ライブ「happy jam jam psycho」を開催した。

アユニ・D(B, Vo)(撮影:外林健太)

アユニ・D(B, Vo)(撮影:外林健太)

大きなサイズで見る(全10件)

アユニ・D(B, Vo)(撮影:外林健太)

アユニ・D(B, Vo)(撮影:外林健太)[拡大]

バンド形態での始動がアナウンスされ、9月19日にミニアルバム「zoozoosea」を突如リリースしたPEDRO。ライブのチケットはCD購入者を対象をした抽選応募制で販売され、短期間で約3000通の応募が集まった。そんな中、幸運にもチケットを手にした300人が会場を訪れ、初ライブはアユニ・D(B, Vo)、田渕ひさ子(G / toddlebloodthirsty butchersLAMA)、毛利匠太(Dr)のスリーピースバンド編成で行われた。

PEDRO(撮影:外林健太)

PEDRO(撮影:外林健太)[拡大]

アユニは「PEDROです。よろしくお願いします」と挨拶してから、「ゴミ屑ロンリネス」でライブをスタートさせた。そしてミニアルバムに収録の全7曲を披露したほか、「最近、頭に焼き付いて離れない女の子がいるんですよ、私が思うに、例えばあの子が透明少女」というMCに続けてNUMBER GIRL「透明少女」のカバーを披露した。ベースを演奏しながらパンキッシュな歌声を聴かせるアユニ、ときに激しく、ときに繊細にギターをかき鳴らす田渕の姿にオーディエンスは熱狂。アンコールではアユニが作詞したBiSHの「本当本気」のPEDROバージョンのカバーをパフォーマンスし、ライブを終えた。

なおPEDROのオフィシャルTwitterアカウントでは、新代田FEVER公演から「本当本気」のライブ映像を公開。「Thank you,tonight. PEDRO still goes on.」とのメッセージも記されており、PEDROの活動が今後も続くことが示唆されている。

この記事の画像(全10件)

「PEDRO first live "happy jamjam psyco"」2018年9月25日 東京都 新代田FEVER セットリスト

01. ゴミ屑ロンリネス
02. 甘くないトーキョー
03. GALILEO
04. ハッピーに生きてくれ
05. MAD DANCE
06. 透明少女
07. 自律神経出張中
08. うた
<アンコール>
09. 本当本気

全文を表示

関連記事

BiSHのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BiSH / 田渕ひさ子 / toddle / bloodthirsty butchers / LAMA の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。