音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46齋藤飛鳥が映画試写で山田裕貴の誕生日祝福、豪快にケーキ食べさせる

1104

映画「あの頃、君を追いかけた」完成披露試写会の様子。

映画「あの頃、君を追いかけた」完成披露試写会の様子。

本日9月18日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて映画「あの頃、君を追いかけた」の完成披露試写会が実施され、齋藤飛鳥乃木坂46)をはじめとするキャスト陣と長谷川康夫監督が舞台挨拶を行った。

10月5日公開の「あの頃、君を追いかけた」は台湾で2011年に公開されたギデンズ・コー監督による同名映画のリメイク作品。長谷川監督が2000年代の日本を舞台に新たに撮り下ろした日本版では主人公のお調子者な高校生・水島浩介を山田裕貴が、水島が憧れるヒロイン・早瀬真愛を齋藤が演じた。

今作で映画初出演を果たした齋藤は「皆さんにはいろいろとご迷惑をおかけしたと思うんですが、無事に撮り終えて今日という日を迎えられて心から安心してます」と挨拶。「私にとっては“あの頃”がなくて、乃木坂以外できらきらしたものを経験させていただいたのはこの作品が初めて。ここに立っている人たちは私にとって大切な存在だし、大事な作品になったと心から思っています」と思いを語った。

また舞台挨拶では本日28歳の誕生日を迎えた山田を祝うため、登壇者たちが観客と共にサプライズでバースデーソングを合唱。舞台にケーキが運び込まれ、1人ずつ山田に食べさせる展開に。誰よりも大きくケーキをすくった齋藤は山田に「飛鳥ちゃんってSだよね?」と聞かれると、すかさず「違います」とクールに返していた。ケーキを食べ終えた山田は「うれしいっす。しゃべれなくなっちゃうな……」と話したあと、目を赤くして涙ぐみながら「素敵な仲間たちに会えて、この映画を観てもらってみんなの顔と名前を覚えてもらいたいとかそんなことばかり考えてました。主演だからがんばろうとかじゃなくて、みんながこの映画に出たことで活躍できる、そんな作品にしたいと思ったので本当にうれしいです」と胸の内を吐露。男性陣に囲まれるように抱きしめられると「暑いな!」と照れた様子を見せ、「泣き虫なんです」と恥ずかしそうにハンカチで涙を拭った。

最後に齋藤は「山田さんの涙から、この作品への思いとか愛が伝わったと思います。2度と戻らないかけがえのない美しい時間を思い出すきっかけになればいいと思います」とコメント。山田は「観てもらえることが一番の幸せ。世界の見え方を変えられる作品になればいいなと心から願っていますし、いい映画だったという声が広がることを信じています」とメッセージを述べてイベントを締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー