音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

椿鬼奴が噴水広場で「IVKI」リリイベ、温かいオーディエンスに涙

345

椿鬼奴

椿鬼奴

椿鬼奴のミニアルバム「IVKI」リリースイベントが本日9月12日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で行われた。

本日自身初となるミニアルバム「IVKI」を発売した椿。これを記念した今回のイベントには椿のほか、アルバムの題材となった架空のアニメ「超空のギンガイアン」の制作に携わった向清太朗天津)がMCとして参加した。

向による呼び込みのもと、椿がステージに登場するとフロアは拍手に包まれる。椿は大勢集まったファンの姿に驚く様子を見せたり、予告なしに訪れていた友人を見つけて思わず笑いを浮かべたりと、会場の景色を見渡していた。

まず最初に行われたトークコーナーでは、今回のミニアルバムを制作するきっかけについて話題に。本作を発表したレーベル・SLENDERIE RECORDの主宰を務める藤井隆がリリースを提案してくれたこと、堂島孝平に架空のアニメ主題歌として楽曲「運命のリビルド」を制作してもらい、このことが今作のコンセプトにつながったことなど、完成までの経緯をたっぷりと語った。椿は「超空のギンガイアン」が実際に存在するかのように話を進めていくうち、「ないんですけどね!」「アルバムは、あります!」とコミカルに語り、観客たちの笑いを誘った。また椿はこの日、「超空のギンガイアン」に登場する宇宙生物・ルキアンの人形を持参。すると観客の中にルキアンの人形を自作した人を発見し、うれしそうに声をかけていた。

ミニライブのコーナーでは「IVKI」の中から2曲を披露。ミュージックビデオも制作された「運命のリビルド」で椿は“地球玉”と呼ばれる玉を手にし、幻想的な世界観をダンスと歌で表現した。この楽曲の終盤ではステージ後方の噴水が勢いよく作動。それを見た椿はびっくりし、思わずステージ前方へと逃げていく場面もあった。MEGUMIこと林原めぐみが作詞を手がけた「Brace yourself」では、ルキアンの人形を手にしながら歌唱。この曲に入ると椿のダンスはどんどんとキレが増していき、終盤にはクールなポーズを決めて観客たちを盛り上げた。

初のインストアイベントを終えた椿は、観客が集まってくれるか不安だったことを明かし、オーディエンスの温かい声援に涙を浮かべた。そしてミニライブ終了後はサイン会でオーディエンスとの交流を楽しみ、イベントは大盛況で幕を閉じた。

なお椿は藤井、レイザーラモンRGとともにライブツアー「SLENDERIE TOUR」を9月に開催。このツアーは9月14日の大阪・YES THEATERから23日の福岡・よしもと天神ビブレホールまでの5会場で行われる。

レイザーラモンRG / 椿鬼奴 W RELEASE SLENDERIE TOUR

2018年9月14日(金)大阪府 YES THEATER
2018年9月15日(土)東京都 UNIT
2018年9月16日(日)岡山県 YEBISU YA PRO
2018年9月21日(金)愛知県 X-HALL -ZEN-
2018年9月23日(日・祝)福岡県 よしもと天神ビブレホール
<出演者>
レイザーラモンRG / 椿鬼奴 / 藤井隆

音楽ナタリーをフォロー