音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ももクロ、新宿駅前にサプライズ登場!4000人のモノノフ前に「皆さんの愛を感じました」

5057

ももいろクローバーZ(撮影:笹森健一)

ももいろクローバーZ(撮影:笹森健一)

ももいろクローバーZが5月23日に初のベストアルバム「桃も十、番茶も出花」をリリース。これを記念して本日5月19日に東京・西武新宿PePe前広場で行われたライブ映像およびミュージックビデオの上映会にサプライズ登場した。

5月17日に結成10周年を迎えたももクロ。本日の上映会では西武新宿PePe前広場の前にある東京・新宿ユニカビジョンに、彼女たちの10年間の歴史を振り返る10曲分のライブ映像とベストアルバムに収録される新曲「クローバーとダイヤモンド」のMVが映し出された。そして上映が終わり、「overture ~ももいろクローバーZ参上!!~」が流れてから西武新宿PePe 2Fバルコニーにメンバーが姿を現すと、広場に集まった約4000人のモノノフ(ももクロファンの呼称)は歓喜の声を上げた。

「通りすがりの皆さん、ももクロですよー!」と手を振りながら通行人に呼びかけた百田夏菜子は、司会者から結成10周年を迎えた思いを聞かれ、「10年前は新宿の大きなビジョンに自分たちのライブ映像が流れるなんて思ってなかったので、不思議な感じですね」と心境を告白。高城れには「『バトル アンド ロマンス』というアルバムを出したときにアルタ前でゲリラライブをやったことがあって。そこから何年も経ってこうやって来てくれるモノノフの皆さんもどんどん多くなって、改めて10年間みんなに支えてもらってここまで来れたんだなと思いました」としみじみと話し、玉井詩織は上映会で流れたライブ映像について「自分たちでも懐かしいものがすごくたくさんあって。新宿のど真ん中で流してもらえるのはすごくうれしいし、ありがたいことだなと思います」と語った。

その後、司会者から「かわいいというイメージだったんですけど、気が付いたら女性として美しくなっていて」と褒められた4人は声を上げて喜びを露わに。美の秘訣を聞かれた高城は「毎日デトックスウオーターを現場に持ってきていて。おうちにあるフルーツを剥いて、炭酸水に漬けて毎日飲んでます!」とドヤ顔で自身の女子力の高さを自慢するも、玉井や佐々木彩夏から「フルーツ、自分で剥いてないでしょ」と母親に手伝ってもらっていることや、飲み方がかわいくないことを暴露されていた。また5月22、23日に行われる初の東京・東京ドーム公演「ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-」については、百田が「今絶賛リハーサル中でして、みんなでステージを作り上げている最中なんですけど、試行錯誤しながら皆さんに喜んでもらえるステージになるように一生懸命がんばっているので、ぜひワクワクして来てもらえたらいいなと思います!」とモノノフの期待を高めた。

記念撮影が行われたあと、締めの挨拶を任された百田は「ももクロですよー。一応本物ですよー。東京ドーム控えてますよー」と再び通行人に呼びかけつつ、「サプライズなのにこれだけの人が集まってくれて。皆さんのももクロ愛をすごく感じました」とコメント。さらに「11年目に突入したんですけど、まずは東京ドームを楽しいライブにしたいと思います。みんなでお祝いしてくれる?」とモノノフに向かって語りかけた。

音楽ナタリーをフォロー